FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

楽になりたいと思っていないのでしょう・・
2013-11-25 Mon 21:00
ブログを通して知り合えた方から、メールをいただきました。

「トモヤくんの回想から抜けられないのは、
自分を責めながら思い返す事が、
実はねこうさぎさんにとってある意味、楽なんだと思うんです」



私のエネルギー状態がいっぱいいっぱいで、
少しでも楽な心地になることができたらなぁ・・と、感じるのだそうです。
ここで言う、エネルギーとはパワーでなく、オーラ的なもの。

家族や、近しくしている人が、
なんとか楽にしてあげたいと思っても、
私自身が、
「トモヤのことで、楽になりたいと思っていない」のでしょうと・・。


メールをいただいて、
何度も何度も読み返しました。
長い長い、やさしいメールでした。

そらと木


気が付いたことがあります。


私、実は、いま。

それほど、悲しくないんじゃないかってことです。

トモヤに逢えなくて、ものすごく寂しいんですが、
なぜか、胸を掻き毟るような悲しみは、
とっくにどこかに行っていました。

涙はでますが、
「トモヤ、大好きだよー」のような感覚です・・。


でも、
私は、20歳になったばかりの息子を、旅立たせた母親です。


悲しんでいなければいけない。

そんなふうに、頑なに心にバリヤーを張って、
周りの人たちの「あったかい心」を遠ざけているんですね。


「ねこうさぎさんは、たぶん、
その大きな壁に自分でも気が付いているんだと思います。
そして、壁の向こうとこちら側に振り分けることで、
なんとか強引に気持ちを静めたり、
憤慨したり、
そうゆう自分を責めてしまうこともあるんじゃないでしょうか」



いたたまれない。

そんな感じですね

Bさん、ありがとうございます


自分の心を俯瞰してみて、
後悔や自責・・、そんな悲しい言葉を
ほんの少しですが、心の奥に閉まっておけそうな気がしてきました。


ゴンちゃんの、存在も、とっても大きいのです^^

ゴンちゃん、ちょっと寂しげ?どーしたん?
赤のTシャツ着て、ちょっとオスマシ


雨で濡れた道は、手々がチベタイです
雨が降ったあとの散歩は、ちょっとお手々が冷たい。
ゴンは、何を考えてるのかなー。


今夜のゴンちゃんの夕ご飯^^
あったかいのが好きなんです
ゴンちゃんの夕ご飯★野菜煮^^
キャベツ・ブロッコリ・人参・サツマイモ・鶏肉を蒸しました
味付け無しだけど、おいしくって同じのを私も食べました
スポンサーサイト
別窓 | あたたかなメール | コメント:6 | トラックバック:0 |
8日17時34分にメールをくださった方へ
2013-05-08 Wed 20:21
8日、17時34分にメールをくださった方へ

アドレスが違っているようで、メールが戻ってきました。

せっかくですので、お返事したいので、ここに書きますね。

さくらライン


***さん、こんばんは。

メールありがとうございます。
息子さんを亡くされて、もうすぐ一年とのこと・・。
まだまだ悲しみの渦に沈みこんでいらっしゃるのではないですか・・。

とても、辛く、寂しく、悲しく・・・、
何をしていても空しいですよね・・・。
同じ道を歩いてきました。とてもよくわかります。

試練のなかでは、こどもを亡くすことが、桁外れに辛いということ、
私も体験してみて、初めて知りました。



何度もブログを読んでくださってありがとうございます。

思いついたことを、勝手に書いています^^;
時には、同じ境遇の方を不快にさせる言葉もあるかもしれません・・。


前向き・・と言っていただきましたが、
華蓮さんとおっしゃる、スピリチュアルカウンセラーの方の存在が、
私にはとても大きいのです。

息子を亡くすことを知っていた私が、
潜在意識で出会いを願っていたのだろうなぁと、
この世の出会いのありがたさを、かみしめています。
(すべて、必然ですよね^^)

***さんは、どちらにお住まいですか。
もしお近くなら、華蓮さんのスピリチュアルな会に参加できたらいいですネ。


華蓮さんは、
49日までは泣いている私を受け入れてくださったのですが、
そのあとは、「お母さんが泣いていると、智哉さんが辛いのよ」
と、智哉を救うことを真剣に考えるように言われました。

そうか・・。

これ以上息子を苦しめるのはいやだ・・。

ということで、とりつかれたように明るく生きようとしています。
(よく泣きますが・・^^;)


***さん、一歩を踏み出すと、その先へ進めるようになっています^^

ゆっくり、踏み出す準備をなさってくださいね。
息子さんと、一緒に笑いましょう。
必ず、また逢えるんですからね。

では、また・・。

ねこうさぎより




別窓 | あたたかなメール | コメント:2 | トラックバック:0 |
Cちゃんありがとう
2012-01-15 Sun 20:35
今年のトモヤの三回忌にCちゃんが来てくれることになった。
(Cちゃんはトモヤの大好きな彼女です)
トモヤよかったね

他にもなんだか、たくさん友だちが来たいって言ってくれている。

まだ先の、夏の話だけど、
トモヤのビデオや好きな音楽を流して、
みんなでトモヤの楽しい話をしたいと思っている。

T君も、私たち親が知らないトモヤのことを、
いっぱい話したいと言ってくれた。


もうみんな、
友だちも家族も、十分悲しんだので、明るくトモヤを語ることにした


トモヤもそう願っているとわかっている。

きれいな水滴


Cちゃんは、トモヤのお通夜と葬儀に来てくれて、お骨も拾ってくれた。

お通夜では、お父様に支えられ、やっと椅子に座っていた。

私も死ぬほど苦しかったけど、
突然のお別れとなったCちゃんは、ほんとうにほんとうに痛々しかった。

そのCちゃんは、臨床工学技士の資格をとり、
春から県外に出て、一人で暮らしている。


今日、Cちゃんからメールをもらった。

以下Cちゃんのメールです(了解をもらって少し紹介します)


「智哉が亡くなってから私は精神的に強くなったと思います!

智哉が亡くなったことを無駄にしないというか、
智哉がいてくれたことにはもちろん、
亡くなったことにもなにか私のこれからの人生の上で
意味があったからだと思うようになりました(^^)
泣いていても智哉は嬉しくないだろうし…
とポジティブに毎日過ごしていますヽ(*´▽)ノ♪

医療職をしていると患者さんから心ないこと言われたり
上司から理不尽なことで怒られたりなんか日常茶飯事ですけど、
こんな程度で落ち込んでちゃいけない!
と日々自分を奮い立たせて頑張ってます(^^)」


*******

Cちゃんは悲嘆を昇華しつつある。

トモヤが亡くなったときは、ほんとうに辛かったのに、
こうやって、「おこったことの意味」をきちんと受け止めている。


最近は夢でも何回か会って、会話しているそうだ。


睡眠中は「肉体の意識」が薄れ、「魂の意識」が大きく開かれる。

人は誰でも、魂の世界(スピリチュアルワールド)で、
亡くなった人や、普段逢えない人と逢っている。

波長の聡明さがトモヤと等しいCちゃんは、
そうやって人格が成長し、真の愛の人となること、
それがトモヤに逢い、早くに別れたCちゃんの学びなのだと思う。

中間世で、Cちゃんとトモヤもまた、私たち親子のように
出会いと別れを計画して来たのかと思うと、
Cちゃんがとても愛しい。

Cちゃん、ありがとうございます
別窓 | あたたかなメール | コメント:2 | トラックバック:0 |
励ましのお言葉、ありがとうございます
2012-01-08 Sun 13:52
心がほっとする温かなメールをたくさんいただきました。
私の身近には、自死した子どもを持つ親がいないので、
私は、苦しみをただ抱えて毎日を過ごしています。

ブログに、気持ちを吐きだしてから、
共感していただけたり、励ましていただけたり・・、
とても救われました。


少しだけ、ご紹介させていただきますね。
抜粋なので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
あったかい心が伝わってきます



*Hさん*
『もう少し進んでいけば、きっとまた彼の魂と会える気がします。
だからできるだけ、上昇する波動に乗っかって、新しい地球とともに、次の時代へ行きましょうね。

魂の成長のために、いったん別れを告げたのにそのせいで上昇しそびれたら、
きっと彼にとってそんなに悲しいことはありませんから。』


ありがとうございます。トモヤの命がけの挑戦を、しっかり受け止めないとですね。
波動を下げてしまってる私なので、トモヤのためにも進んでいきますね。



*Rさん*
『私たちの息子達は、「還る日」を思い出してしまったんですね。
息子たちは真実を知り、役目を守るために戻ってしまったとしか思えません。
だから「かぐや」です。勇敢過ぎる。。。

手段が遺されたものにとってはあまりに辛すぎる・・・。

でもちょっと見方を変えると彼らは誰も巻き込まない方法を選んだのでは。

彼らは戻りたくなかった、でも戻らなければと気づいてしまったとしか思えません。
世間の常識は、間違っている。その常識に振り回されないよう、もっと宇宙を見ようかと。

振り回されないためには自分たちの波動を高めることが大事。
そうすれば低い波動の人と触れ合わなくてすみますよね。』


「還る日を思い出した」・・・そうなんですね。
初めに決めてきた、二十歳で還るということを思い出したんですね・・。
泣いてしまいました。あまりにも愛しい子どもたちです。



*Bさん*
『最愛の息子が亡くなって哀しく辛く思うことは『ネガティブ』なものってカテゴリされると、なんだかそれすらも憤りを感じてしまいませんか?
息子さんの事を想う気持ちは『愛そのもの』なのに。』


ありがとうございます。まるで哀しむことが悪いことのように言われたりするんです。
愛してるからこそ、哀しみを抱えているんですよね・・。



*Yさん*
『ねこうさぎさんはかならず霊界をみること、高次の彼と会うことが出来るということです。
それも一緒に高次で仕事が出来るそうです。いわゆる「ライトワーカー」です。
彼がこうならなければねこうさぎさんはご自分の内面や目に見えないものを
ここまで追求しなかったかも知れません。

彼は自分がそうだったように、ねこうさぎさんも本当は太陽のように
与える人であることを知っています。それは同じソウルだから。

ねこうさぎさんの魂を彼は引き上げる努力をしているので、
ねこうさぎさんもついてきて欲しい、自分と会うのを諦めないで欲しいと言ってます。
ともやさんに会うと心に決めてあらゆる方法を御自分で学んでください。
ぜひ彼に誰かの仲介を経ず直接あってあげてください。
どのぐらいかかるかはわからないですがねこうさぎさんは必ず透視眼を開眼させます。』


ありがとうございます。すごく嬉しいです。私が自分自身で霊界を観れる!
それが願いです。諦めず、ぜったいトモヤと逢います!



*Hさん*
『心は正直です。悲しみを知らないまだ未熟な人たちなのです。
でもそれでもなんとかわかろうとなにかそばに居ることを伝えたくても
きっとねこうさぎさんには本当の心を感じられないので
伝わらないのでしょう。
きっとねこうさぎさんの母としての悲しみはねこうさぎさんにしか
わからない、、けれど今はそれで仕方ないのだと思います。』


そうですよね。きっと、みんな私のことをなんとか励まそうと思ってくれてるんですよね。
ただ、私が受け入れられない・・。哀しみを知らない未熟な人だと思えば、許せますね。



*Oさん*
『あなたが“人が自分で自分の寿命を短縮させること”についての見解や理解というものに
確信が得られていない場合、新たな混乱を生じさせてはいけないと判断したからです。

しかし何事にも例外というものがあります。神は全てをご存知です。
何事も神の法則に導かれて行きます。
全ては良きに計らわれていますから人間は余計な心配をする必要はないのです。』


ありがとうございます。トモヤがむこうの世界で困っていなければ、私はとっても救われます。
神様は、トモヤの邪気のない純粋な魂をご存知ですよね・・。


他にもたくさんのメール、ほんとうにありがとうございます。

私は、トモヤに再会することを生きる糧に、進んでいきたいと思います。
別窓 | あたたかなメール | コメント:4 | トラックバック:0 |
11月27日 月命日に
2011-11-27 Sun 22:22
今日の月命日に、
トモヤの友だちが二人、ビールを持って仏壇に来てくれた。
(お墓も行ってくれたのね。ありがとう)

私は、セミナーに行っていたので、夜メールをもらった。
仏壇に来てくれると、いろんな話が聞けるので夫は楽しかったらしい。


今日墓参りも行ってきました。
やっぱり行くたびに切なくなります。

Oと一緒に行ったんですけど、
墓の前に行くと言葉が出なくなるんですよね。
無言で5分ぐらい墓の前につっ立って、
「寂しいな…」って言葉がでてきて。

おれらが行くたびに、花が新しいのになってて…

そういうのを見るとやっぱり辛いですね…

俺・時間は解決してくれないと思うんです…どう思いますか?

彼女にフラれたとかそういう話とは比べものにならないですもん。

死ぬまで、寂しいと思います。
ただ、やってやる!って気持ちもすごいあります。
常に智哉を胸に秘めて生きていきたいんです


そら



トモヤはずっと二十歳のまま。

私たち親は、自分自身を「一生許せない罪」
を背負ったまま生きていくのだろうと、そう思っている。


子どもを、先に逝かせるなんて、
そして、まだまだこの先も生きていくなんて
いまだに信じられず、悔しくて苦しくて・・。

いっそこのまま死んでしまえたら、どんなにいいかと・・。



でも、トモヤがそれを望まないので
私なりに「精いっぱい明るく」生きたいと頑張っている。


成人式でCちゃんと。嬉しそうだなぁ・・・
↑幸せいっぱいの成人式・平成22年5月3日(亡くなる3か月前)


私が毎日訪問させていただいているmifoccoさんの「やさしいなみだ」で、
トモヤのことが書かれていた。



かわいい・・・・。

ほんとうに、そう思う。

トモヤは今、どこで何をしているんだろう。
逢いたいよー。



別窓 | あたたかなメール | コメント:0 | トラックバック:0 |
T君からのメール
2011-10-21 Fri 22:21
トモヤが大好きな、Tくんからのメール。

彼の了解を得て、ちょっと紹介します。



この前7人で飲みに行ったときに、
グラスが8個でてきて、店員さんが「8人に見えました・・」って
言ったんですよそれも二人もですよ

そのときに、改めてみんなで
「やっぱり智哉はいっつも俺らと一緒に飲んでんだよ」って。


そういうふとした、ほんの些細なことでも、
やっぱみんなグッとくるんですよね

すごい嬉しいんだけど、切ないっていうか・・


今でもよく話すんのが、ホントに智哉は太陽みたいに明るいやつだったなってことです

地元で俺のこと気に入らないやつは、多少いるかもしんないですけど、
智哉のこと気に入らないってやつは絶対1人もいなかったですもん


そういう人の集まる人間でした

そんな智哉が大好きなんです。 もちろん今でも変わりません!

みんなそうだと思います



    
   もうひとつ




よく俺が智哉と話してたのが、
「金とか全てを失っても、
家族と仲間がいればそれで幸せなんじゃないかな」って会話です。

俺は死ぬまでに、智哉のやりたいって言ってたことを一緒に全部やりとげたいです。

いつか結婚して、家族ができても、地元でバーベキューしたいな、
40歳ぐらいになったら、みんなでバイクで国道49号線ツーリングしようぜ。
とか、そんな話をよくしていました。

俺は単車の免許を取って今乗っています。
いつも智哉のことケツに乗せて走ってる気分です


墓参りに行ったときは、最近地元であったできごととかも報告してます。

これからもいつまでも俺たちの仲間です。



カッコかわいいトモヤ
↑中学3年生の、引退試合でのトモヤ


Tくんからメールをもらった時に、
トモヤはこんな大切な友だちをおいて、
さっさとあっちの世界に行っちゃって、
なんて悪い奴なんだって思いました。

今、トモヤはみんなに逢いに飛び回ってるそうで、
一生懸命謝ってるから許してね。


Tくん、メールありがとうございました。
他の友だちも、いつでもメール歓迎します

私の知らないトモヤの話を教えてもらえたらすごく嬉しいです。
別窓 | あたたかなメール | コメント:0 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR