FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

神秘
2013-05-15 Wed 23:45
こんな美しい星空をみると、
生れてきてよかったなぁ・・と思います。

神秘的な宇宙・・星空・・。

人間の命もとっても神秘的・・・。

オーロラの夜空と流星。カナダ、マニトバ州パトリシア・ビーチの氷に覆われた湖面。
Andrew Fazekas
for National Geographic News
May 15, 2013


宇宙や地球の、はるか彼方から続く営みと比べたら、
一瞬の瞬きより短い私たち人間の人生。


だから、トモヤに逢えるのも、もう少し。

トモヤ、お母さんは、決めてきた命の時間を、学びの里で生きるから。

トモヤが、そっちでがんばってるのとおんなじくらい、
精いっぱいがんばるね。
スポンサーサイト



別窓 | 星のこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
木星が月にぴったりと
2013-05-12 Sun 21:36
夕ご飯を作ってる最中に、なんだかゴンが気になりました。

「ゴンちゃん、散歩行きたいの~?」

今日は、朝と昼2回散歩してるので、
夕方はいいかなって思っていたのに、
急に行きたくなって、もう外はかなり暗くなっている19時に出かけました。


西の空!

すご~い、きれいー


10日が新月だったので、今日はまだ月齢2くらいかな。

低い西の空に、細ーい大潮の月。

すぐ上に木星がぴったりとくっついていました


ゴンを散歩に連れて行かなかったら、見れなかったんだなぁって、
この不思議な「なぜか、急に」が嬉しくなります


イメージはこんな感じです↓
月と木星のイメージ

最近、考えていること。

普通に過ごしていると、見逃してしまいがちな
「なんとなく・・」を大切にしようって思っています。

私たちから見えないトモヤは、
気づいて欲しくて一生懸命合図送ってくれているかもしれないのに、
私が「まさか、違うよね」って否定していたんです。

それって、どんなにか寂しいでしょうね・・。
気づいてあげられる自分に、いつかなりたいなぁ・・。

存在すると信じている人にだけ来る、サンタクロース。

先日の「幸せの種11」は、これなんです^^
別窓 | 星のこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
ちょっと、ひとりごと。
2012-11-28 Wed 20:49
満月がきれいですね。

すぐそばにぴったり木星がいます

木星と満月
19時東の空に、木星と満月。空をみると、ぴったりくっついています^^
(私のカメラではこんなに小さくて離れて観えますが、くっついています)

冬の空は、空気が澄んでとってもきれいですね。
新潟では、吹雪や雪雲で空が観えないことが多いですが、
今日は、とってもきれいな夜空です^^

木星が、月の近くにいると、なんだかそれだけで気持ちはあったかくなるんです。
木星はトモヤだから



昨日は、トモヤの27回目の月命日。
かわいい花束を飾ってあげました。

フリージアのあまい香りで、癒されます。

大好きなフリージアの香り


今日職場で、非常勤さんの言葉にカチンときました。
少々口論になり、大人げない自分に泣きたくなりました。

啓介さんの言われた「怒りを俯瞰してみる」「なぜ、私は怒っているのか」を、
懸命に考えながら、外に出ました。(営業に)


日ごろから彼女が「子どもの話」ばかりしていることが、
聴きたくない私は、とても嫌だったのです。

だから、今日の彼女の言葉そのものよりも、
理由は別にあることに気がつきました。

イラッとさせた言葉は、
実は、大した問題ではないこと。

午後からは、笑顔で仕事ができました^^
別窓 | 星のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
完璧な宇宙
2012-11-19 Mon 00:00
鈴木啓介さんが書かれた、「魂を磨くアセンションを阻む闇の手口」は、
闇だけが書かれているわけではありません。

完璧な宇宙についての部分、
とてもあったかい気持ちになるので、
少し転載させていただきます
(ちょっと長いけど、読んでみてくださいね^^)

啓介さんには、今月のモノリスワークで、ブログに書いたことをお話します。
(気さくな方だから、きっとOK?ですよね


***以下、著書より転載(啓介さんは「ですます」調で書かれています)***

宇宙そのものを、ミクロの視点からマクロの視点までの生態系をカンタンに観察する。

バクテリアは動物の死骸や排泄物といった有機物を分解し、やせた土地をミネラル豊富な土壌へと変えていく

雨の水を土壌はいったん保持し、植物に提供する

その土壌に植物は根を張り、栄養を吸収して成長し、動物はその植物を食べて、栄養バランスをとり、生命を維持する

植物や動物に飲まれなかった水は、土壌のミネラルを持って川に流れ、さらに川でもミネラルを得た後に、栄養分が不足しがちな海に流入する

その栄養を得て、海の中の藻や海藻は成長し、小魚の餌になる

海の水は太陽エネルギーによって暖められ、蒸発し、雲になって雨になり、地上の動植物を再び潤す

植物は、太陽光を得て、光合成を行い、酸素を吐き出す

その酸素はオゾンの元になり、オゾンは地球の成層圏まで上がり、オゾン層を形成する

そして、オゾン層は太陽から地球に届く有害な紫外線をほどよく吸収し、地上に適切な太陽光が降り注ぐように調整し、地上の動植物を育む

当たり前すぎて誰でも知っている、この生態系。
この世界は美しく調和のとれたバランスのもとにある。

・・・・・・・・・

私たちの太陽系は、銀河の中心から3分の2の距離にある。

もしも、太陽系が、それよりも銀河の中心に近いと、放射線が強くて地球の生命は存続できない

そして、もしも太陽系が銀河の中心から遠すぎると、地球に重い元素が存在せず、この星には生命は発生できなかった

もしも太陽系の中で地球が金星のように太陽に近い場所にあると、地表は摂氏480度になり、生命は発生できなかった

もしも地球がもっと太陽から離れていたら、水も二酸化炭素も凍りついてしまい、生命は生きながらえることができなかった

もしも太陽系に莫大な引力をもつ木星がなかったら、隕石や小惑星を太陽系外に放り出すことができずに、地球は死の星になっていた

もっと月が小さかったら、地球の地軸が安定せず、気候変化が激しくて生命が維持できなかった

もしも地球自体がもっと大きかったら、重力が重くて有毒ガスが地表に溜まり、生命は維持できなかった

そしてもしも、地球がもっと小さかったら、重力が弱すぎて、地表に酸素を保持することができずに、生命は誕生することができなかった


銀河系の中で、この奇跡の連続が地球を生命の星にしてくれた・・
これらの奇跡は「偶然」でしょうか?

荒涼とした星が延々と続くこの宇宙の中で、
たぐいまれに美しく生態系の調和に満ちたこの星を、
私たちの時代に汚染し潰してしまうということは、
決して許されないことだと私は思います。

***転載ここまで***

(ちょっと疲れました

宇宙の話は、三男とよくします。

ほんとうに偶然では片づけられない、完璧に計算された星の営みを、
こんなふうに書いていただくと、改めて感動します。

地球を守っている大好きな木星も登場しました^^

三男得意のこの言葉も、
「地球から見える、月と太陽の大きさが、おなじじゃん。
月が太陽の400分の1の大きさで、
地球から月までの距離が、地球から太陽までの距離のちょうど、400分の1。
偶然じゃないよね~」


すべて、宇宙が完ぺきであることを証明しています。

・・・愛なんですねぇ。
別窓 | 星のこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
最近、木星がよく観えますね
2012-11-05 Mon 01:18
11月3日、午前5時の空。

月が奇麗に輝いていた。

すぐ近くに木星が!


ここのところ、月は深夜にならないと観えなくて、
この日は、東京に向かう高速道路の群馬県で観た空に、
月と木星が並んで光っていた。
(写真では離れて見えますが、実際はかなりくっついていました^^)

11月3日朝5時の空 月と木星
(クリックすると、もう少しわかりやすいかも)

冬の朝の5時は、まだ暗くて寒い。

でも、こんなに明るく照らしてくれる月と木星。
嬉しくて、しばらく見つめていた。


また私が夜空を恋しく見つめる季節がきた。
木星はトモヤの星だと、私だけ勝手に思っている。

木星を観ると、トモヤのことを感じる。

トモヤ、木星がきれいだよ。
別窓 | 星のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
ベテルギウスはどうなったかな?
2012-10-21 Sun 11:19
「やさしいなみだ」のmifoccoさんのサイトにおじゃましたら(毎日ですが
オリオン座流星群が、今晩観れるとの情報が

そこで、突然思い出しました!

そういえば、ベテルギウスはどうなったのかな~!

以前、「ベテルギウスが爆発したら」で書いたのですが、
今年ベテルギウスは超新星爆発すると言われています!
たぶん、640年前に爆発して今年観れる、という事だと思いますが。

ベテルギウスは、直径が太陽の1000倍もある大きな星。
超新星になったら、地球からその様子が観えるわけです。
大興奮ですよね!

オリオン座とベテルギウス
オリオン座の画像、お借りしました^^
クリックして大きくして観てください^^


自ら光り輝く恒星も、ヒトと同じように生れて死んでいきます。
(人は肉体が死を迎えるだけですが)

地球と同じ銀河系に生れたベテルギウス。
星が一生を終えるとき、最後の大爆発を起こしてもっと輝く「超新星」になる

太陽の次に明るい恒星「シリウス」と並ぶ明るさとなって、昼間でも輝いて観えるようです。


トモヤも肉体という衣を脱ぎ捨てて、
トモヤらしく輝いて、向こうの世界で生きているといいな


ベテルギウスの爆発をイメージした映像を見つけました。

もう・・・、素敵すぎです
別窓 | 星のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
満月なのに、欠けましたね♡
2012-06-04 Mon 20:41
部分月食!
ほんとに今年はすごい天体ショーがいっぱい

明後日、金星が太陽の前を通過するから、
今晩の部分月食は、ちょっと軽く考えていたかも。

今日は満月なんだからねぇ・・なんて。
でも、地球の陰にかくれちゃったんですね

ほんと、やっぱりスゴイ!
20時現在、半分ぐらいです。(地球の大気圏でぼやけているので

部分月食 らぶ*らびさん
お友達の「らぶ*らびさん」からお借りしました^^

もうすぐ満月にもどるでしょう^^
あぁ、素敵♡


宇宙って、まあ、寸分の狂いもなく、緻密に計算されたような正確さで、
今もどんどん成長していってて・・。

生れたり爆発したり、いろんなことが起こっていて、
私たちは宇宙の、大自然の恩恵をありがたく頂いています。

生かされているんですね。
感謝の気持ちで、身体がふるえそうです。



私たちにんげんも、宇宙の、星のかけらなんだから、
自分ってカッコイイです!すっごくロマンを感じます
別窓 | 星のこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい | NEXT

QRコード

QR