FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

陰極まりて陽
2012-01-22 Sun 13:42
強い「光」を浴びれば浴びるほど、
反対に強烈な「影」ができるのは自然界の原理である。

それはそのまま、人間界にも当てはまるらしい。

私が、トモヤを失うほどの強烈な痛み「=影」を体験したのは、
強い喜び「=光」を欲したからなのだろうか。


「光」を追い求めているときは「影」の存在を否定するために、
人生全体のバランスが崩れ、
そのバランスを取ろうとして「影」がさらに大きくなるのだ。


私が中間世で、光を追い求め、
それをこの物質界で学ぶために設定したのだとしたら、
私はなんて大それた計画をしてしまったのだろう。

その私の学びのために、命をかけてくれたトモヤ。

それならば、これから私がするべきことは
(あんまり自分を追い詰めたくはないけれど・・)
真心のある自己。霊性の開花。

なんだか、少し進む方向がみえたようで嬉しい。


「守護霊が導く!スピリチュアル世界」の天心さんが
「満ちれば欠ける月の教え」で語っていらっしゃった。

>人が幸せを感じるのは必ずしも幸せの形を手にした時だけではありません。

>むしろ希望を持って、目標や理想に向かうその道すがらに幸せを感じるわけです。

 

私は、トモヤがいなくなってからの私の人生はなんの意味もなく、
早くトモヤのもとに行きたいと、そんなふうにばかり考えている。

でも魂の存在としての私の、真の幸せが
「トモヤがここにいること」という目に見える形ではないとしたら、
私が、霊性を開花させて、
トモヤの存在を感じること、真心の自分になれることは
潜在意識で私が求めている幸せなのかもしれない。


天心さんは、
>人が幸せで満たされると、その幸せを与えてくれていたエネルギーが消えてしまうため、
>今度は負のエネルギーが動き始めてしまうということです。

>丁度、月が満月となった時、次の日からは少しずつ月の姿が欠けてゆくのにも似ています。

>幸せの感情は幸せの形を得た時点でそのエネルギーを失うのです。


とおっしゃる。

では、月が新月から満月に向かうように
私の中の大きな影も、明るい光に向かう動きを始めていることになる。
(もちろん、幸せに満足してしまうとまた影ができるのでしょうね)


「陰極まりて陽」を心の支えにしていきたい
スポンサーサイト
別窓 | 潜在意識のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
トモヤの誕生日のキセキ
2012-01-05 Thu 23:55
今日はトモヤの誕生日で、ほんとうなら22歳だ。

トモヤの友だちは大学をこの春、卒業するのを待つばかり、
みんな就職も決まったらしい。
オメデトウトモヤもニコニコよろこんでいることでしょう。


今朝、仏壇にモーニングコーヒーをあげて
「今日誕生日だね。
もし、お母さんのそばにいたら、なにかサインちょうだい」
とお願いして仕事に行った。



1月5日・・1月5日・・。
日付を見るたびにトモヤを思い出し、
今日は一日中トモヤを思いながら仕事するんだな、思った。


今日は珍しくすごく忙しく、疲れ果ててしまった。
なかなかお昼に入れず、お昼休みが3時過ぎになろうとしたそのとき、
「通帳を作ってください」とお客さまが。

保険証を確認したら、なんと
「●●トモヤ」さん!(名前の漢字がトモヤと一緒)

涙がじわ~と滲んできた。

トモヤ、こんなふうにサインくれたんだね。

「おかあ、オレ、ここにいるぞ!今日は頑張ったな!」


今日は営業の要、保険も獲得できた。

トモヤの誕生日だから、保険がとれそうな気がしていた。

昨日、夢で、霊界でトモヤと逢ったのだろうか。
記憶がなくてとても残念だけど、
私が激しく泣いたりした後日、不思議に「突然」落ち着くのだ。

眠っているときに霊界でトモヤに逢って、
無意識に癒されているのかもしれない。

私の気がつかないうちに、どんどんトモヤが癒してくれている。
泣いてばかりで、心配掛けてゴメンね



今日は嬉しかった、誕生日のキセキ
別窓 | 潜在意識のこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
やさしい気が満ちている
2011-12-25 Sun 23:10
今日のクリスマスは、新月。
多くの願い事を叶えながら、少しずつ満ちていくお月さま。

こちらは雪景色で、木星も、冬の大三角形も観えない。

でも、優しさを増したお月さまのエネルギーが
この地球にやわらかく降り注いでいるのでしょう。

mifoccoさんの新月のスペシャルセッションも、今晩。

私は、グループセッションを楽しむ。
真央ちゃんの、スケートで感動の涙を流し、mifoccoさんに繋がる。

「mifoccoさんと新月とトモヤと木星に繋がります」
と、空を見上げて目をつむる。

身体が揺れた。
いつも、この言葉を唱えると、ふわっとするのだ。
繋がった!ということなのだろうか・・

雪の空は、そこには立っていられない寒さで、私は部屋に戻った。




私は、半年前に霊気マスターになり、気功も習い始めた。

この宇宙に存在するいろんな「気」を感じたくて、
樹木の気を感じたりして楽しんでいる。

あったかい木、無表情の木、手のひらがびりびりする木。
まだ、実はあんまりよくわからないのだけれど。

今まで、夏を越すことができなかったシクラメンやカランコエが
今、かわいい芽をみせてくれる。

私の周りで、やさしい気が満ちているような気がしている。

かわいいシクラメンのつぼみ
↑去年のシクラメン。庭の軒下で夏を越した。かわいいつぼみが

カランコエも目が出てきた
↑去年のカランコエが3倍くらいでっかくなりました。
もうすぐ黄色い花が咲くかな

私が「ほら!!すごいかわいい!」って感激してると
「トモヤのおかげなんだろ!」って二男が笑う。
そうかなぁ・・。トモヤは花には興味がないと思うけど。
でも、やさしい気は、トモヤもいっぱいプレゼントしてくれてるかな。
別窓 | 潜在意識のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
身体が教えてくれること
2011-10-17 Mon 13:17
身体は一番の無意識。
よく言われるけれど、今まではあまり関心がなかった。

でも、顕在意識で「元気」だしてても、胃潰瘍になったりする。
平静を装っても、心臓がバクバクする。手に汗が滲む。

それは、身体が潜在意識をキャッチしてくれてるってことなんだろう。


では、私がこんなに何回も腸から出血する、
その私の潜在意識は、私に何を教えてくれているんだろう。

先日読んだ「病気は才能」によると、
大腸の病の心は、「失敗した過去の時間を取り戻したい」である。

トモヤを失った過去の失敗。

でも、私はずっと前から、大腸を病んでいる。


私は、そうやって、いつもクヨクヨして生きてきたのだろう。
他人の評価を気に病み、過去の失敗に縛られて。



「驚愕の前世体験」を書かれた鈴木啓介さんから、
トモヤとの関係は今回初めて親子になったのではなく、
私が学べないために、
トモヤが何度も付き合ってくれていると教えていただいた。

また、同じ失敗を繰り返すのか。

かわいいビオラ

ゆうべ三男に
「トモヤに逢いたいなぁ。死んだ時に逢えるっていっても、
まだずっと先だもんね」と言ったら

「おかあ、いくら早く会いたいからって、死のうとか思ったらダメだよ」
と言われた。
「今死んでも、トモヤと同じ場所には行けないからな」とも。


実はいつも、早く死にたいなぁと思って、死に方を考えていたのだけど、
先日の大腸の出血があまりに痛くて「痛い!死ねない」と思ってしまった。

この世を去るのは望んでいても、あの痛みには、閉口させられる。

この痛みを乗り越えないと死ねないのか。

そう思ったら、なんだか身体から教えてもらったような気がした。


そうだ。私はまだ死ねない。
二男と三男がいるのだから。

子どもたちにこれ以上悲しい思いをさせるわけにはいかない。


私を親に選んでくれた子どもたちを
きちんと自立させてあげなくては無責任すぎる。



トモヤ、馬鹿なお母さんを天国で怒って。
別窓 | 潜在意識のこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
アセンションかホ・オポノポノか
2011-07-02 Sat 23:15
近頃、私の身の回りの変化として、
思考が現実のものとして現れるのが早くなった。


アセンションが近づいているからなのか、ホ・オポノポノのおかげなのか、
私が心に思った(願った)ことがすぐに、現実化する。


私は営業職なので、業績を6月末30%達成させる必要があった。

でも、今年異動してきたばかりで、顧客とのコミもなかなか簡単ではない。
四苦八苦していた、6月29日朝、心に描いた顧客が突然来店→成約。

6月30日、かねてから折衝中の顧客から契約する旨の連絡あり。
ぎりぎりのところで、30%達成ができた。


まだまだある。
ほんの少し心に思った人から突然メールが来る。
ほんの少し考えた人が、お参りに来てくれた。
今月、東京にあるワークに参加するが、追加の休暇が決まった。
荷物が多くて悩んでいたら、いとこから車で乗せてくと電話がきた。


職場の部下が、生意気で泣かされていたのに、
最近、急に「かわいい」と思えるようになった。
彼も、私に打ち解けてくれ始めたようだ。



生きるのがつらく、あと何年したら、トモヤのところにいけるのだろうと
そんな後ろ向きの私だけど、
宇宙の愛や、ふるさと(プレアデス星)の愛を感じるようになった。

トモヤに逢うということは
「死後の世界」に行くことではなく、「異次元空間」に行くことだ。



アセンションを楽しみにしている。

魂の波動を高めて、
トモヤからのメッセージをきちんと感じられる自分を意識しよう。

心は開いているようだ。
別窓 | 潜在意識のこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
ここにもトモヤが
2011-04-30 Sat 23:13
霊感も直感も、なんにも感じない鈍感な私が
ときどき、トモヤがいる、と感じる瞬間がある。

トモヤは、心の中にいる・・・とよく慰められるが、
私は心の中ではなく、すぐ隣りにいると思っている。


住む次元が違って、
私にはトモヤの姿も観えないし、声も聴こえない。

でも、ラジオや衛星放送の電波は私の周りに確実に存在している。
それらは、聴こえないし観えない。

波長や周波数、振動、その違いで、ただ実態を感じることができないだけ。

トモヤが、私のすぐとなりにいることは
鈍感な私にはわからないけれど、

確実にそこにいるのだ。

今日は、書類を観ていて、
その書類の裏にトモヤの書いた文字をみつけた。

トモヤの数式

たぶん、末の弟に数学を教えたときのメモだと思う。

トモヤのかわいらしい文字を見つけ、
「あ、トモヤ、そばにいてくれるんだね」
と温かな涙がこぼれた。




早く、私の意識の波動を高めて、次元の壁を越えられるようになりたい。


そばにいてくれる、トモヤに逢いたい。

別窓 | 潜在意識のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
エンジェル・ナンバー
2011-02-13 Sun 15:19
昨夜、夫に「トモヤに一番関係のある数字ってなんだろね」と聞いた。
トモヤの誕生日と同じ数字を見つけるとトモヤを思い出すけど、
私は、トモヤの数字は「3」か「13」と思っている。
夫も、「3・・かな」と。

野球でファーストを守っていたトモヤは背番号「3」に憧れていた。
レギュラーにはなれず、「13」をもらった高校野球夏の最後の大会。
「13」の背番号は、今もトモヤのユニフォームに縫われたままだ。

練習シャツには自分の好きなナンバーを付ける。
トモヤは迷わず「3」。
「55」とか「610」とか、個性的な数字を付けるチームメイトが多い中、
予想通り、トモヤは「3」だった。



エンジェル・ナンバーについての本を2冊読んだことがある。
シンクロは、必然だと思っている。
ユングの集合的無意識、潜在意識の中にある無限の可能性の領域。

私は、心(精神)は、宇宙で全員が繋がっていると思っているから。


昨夜「トモヤ、もし、お母さんのそばにいたら、サインを送って。お願い」
と言って眠った。
今朝、テレビをつけて一番に流れたCMが「ヒルクライム」だった。
今までヒルクライムをテレビで観たことはなかったのに。
続けて「引っ越しは0003」というCM。

「ヒルクライムと0003」
わ~!トモヤからのサインだ!
ってすごく嬉しくなった。
トモヤ、今ここにいるんだね!サインをくれてありがとう!

エンジェルナンバーの話はほんとうなんだなぁ。



2か月ほど前、
トモヤのお仏壇にお菓子を供えようと、お菓子屋さんに行った時、
「好きな数字を言って、サイコロがでたら
お菓子の詰め合わせをプレゼントする」というのをやっていた。

「3」を言って、サイコロを振ったら「3」だった。
大当たりで、お菓子の詰め合わせをいただいた。

トモヤを感じたひと時。


トモヤはいつもそばにいてくれる。
ありがとう。


別窓 | 潜在意識のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR