FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

葬儀はトモヤの披露宴
2013-11-23 Sat 22:22
「いのちの波動」の大空さんが、「葬儀で大切なこと」で、
葬儀の本質を説いていらっしゃいます。

読者の方が、
「立派になくなった妻を自慢したかった」
とコメントされていらっしゃいました。

あぁ・・私も、そうだなぁ・・。


トモヤはあっという間にお通夜・葬儀となって、
なにも準備する時間がなかったけれど、
トモヤを生まれた時から書き続けた育児日記と、
高校野球のパネル。(新聞をスクラップしたものと、県大会のもの)
イベントごとにまとめてあったアルバム
これらは私の宝物で、まるでこれを予感していたかのように、
トモヤのはしっかり作ってあったのです。


そして、アークベルさんが作ってくださった挨拶状。
(担当の方が、作成してくれた文章です)

「息子がお世話になった皆様へ 深く感謝申し上げます」

親の目から見た息子は、元気で明るく、心優しい子に成長しました。
ユニフォームが汚れるのも構わずにグランドを走り回り、
白球を追いかけていた野球少年も、今では大学生。
チームのキャプテンとして、周りにも目を配りながら頑張っていたことでしょう。
夏の甲子園をテレビの前で観戦していた姿や、
「将来、野球を教える側になれたら」と希望を口にしていた面影が、まぶたに浮かぶ今は、
息子のいない現実が信じられなくて、呆然とするばかりです。

長男 〇〇 トモヤは、平成22年8月27日、20歳の若さで尊い生涯を閉じました。
「子供に先立たれるのが 最大の不幸」と申します。
今はこの悲しみが癒える時を静かに待つばかりですが、
息子の20年間の頑張りに負けぬよう、残された家族で歩みを進めてまいります。

共に泣き、共に笑ってくれたお友達や、息子を導いてくださった先生方、
ひとかたならぬご厚情を賜りました皆様へ深く感謝申し上げます。



モクレン


この挨拶状を読んだときは、正気でいられませんでした。
こんなことが現実なのか、これは何かの間違いだ!と、
泣き崩れました。

でも、私は必死でした。

トモヤがみじめな思いをしたらかわいそう。
トモヤはこんなにみんなに可愛がられ、元気で明るく、がんばりやなこと、
ものすごく大事な息子であること、いっしょうけんめい生きてきたことを、
伝えなければいけない・・・!

それだけをエネルギー源にして、
葬儀を終えたといっても過言ではありません。

私も、トモヤを自慢したかったんですね・・。
結婚式はもうできない。

葬儀は、トモヤの披露宴だったんです

うつ伏せ寝💛かわいすぎ!お手々もしまいこんでる^^
ゴンちゃん、お昼寝。
お手々をむぐして、うつ伏せ寝^^

スポンサーサイト
別窓 | トモクライムのこと | コメント:8 | トラックバック:0 |
思い出せば出すほど
2013-11-19 Tue 22:50
買い物のレジで並んでいると、ぶすっとしてお金払う人がいます。

お客さまだからって、そんなにエラそうにしなくてもいいのになぁ。

私も窓口でお客さま対応しているので、
自分がお客になったときは、礼儀正しいのです。

トモヤも、お客の立場で「ありがとうございます^^」って言う子でした。

思い出せば出すほど、トモヤはいい子なんだと気が付きます。
トモヤの声や身体の感触を、
きっとうっすら忘れてしまうときもくるかもしれないけど、
それはものすごく寂しいけど、
トモヤがこんないい子だった!!!という記憶は決して消えない。

明るくて、元気で、面白くて、カッコカワイイ。
お母さんの自慢の息子だ!

きれいな水滴


今日は、結婚25年の記念日。
夫は知らない(結婚した日なんか、忘れている)から、
トモヤにこっそりお祝いのお祈りを

トモヤが選んでくれたお父さんとお母さん、25年間がんばったよ〜。
銀婚式だって!
よく、お互いにここまで我慢したもんだねぇ。

トモヤが生まれてくれて、
幸せをいっぱいもらったよ^^
いっぱい楽しかった。
うれしいこともいっぱい^^

トモヤに逢えてよかったーーーー💛

トモヤ、大好き💛
手作りのお料理、食べてちょうだい^^
(たいしたもん、ないけど
トモヤ、今日の夕ご飯
ロールキャベツ・大豆と昆布の煮物・ほうれん草のツナ和え・クルミのケーキ
クルミのケーキは、トモヤが得意なバナナケーキのアレンジなんよ^^
別窓 | トモクライムのこと | コメント:12 | トラックバック:0 |
かんたんクラムチャウダー
2013-11-15 Fri 22:29
トモヤが小学2年生の時に、
学校給食で「おうちのレシピ」を募集していました。

私は、おいしいのを食べると、
いつも想像で作っていたので、自己流自分勝手な料理が多くあります

「かんたんクラムチャウダー」
が、採用されて、学校の給食で作ってくださいました。
「〇〇トモヤさんのお母さんの作品」とか、書いてあったみたい

そのことで、トモヤが
かんたん!
クラムチャウダーだって〜!!なんだそれ〜!!」って、
クラスメイトに笑われたそうです。

「お母さんのことを馬鹿にされた」と思ったトモヤは、
同級生を叩いたらしく、先生に注意されました。
2年生のときの先生は、トモヤを嫌っていたみたいで、
「トモヤはやっかいな子」と、私に伝えてきました。

トモヤは、そんなに悪いことをしたでしょうか。
同級生の言葉はどうなんですか。

と、担任の先生に言いました。

保育園の先生に偶然会って
「トモヤくん、元気?」と聞かれ、その話をしたところ、
「明るくやさしいトモヤくんをわかっていない担任だね!
トモヤくんに限って、やっかいな子ってのはないから!」
って、言ってくれて・・


子どもって、
どんな親でも、大好きなんだなぁっ、
自分の親のことを馬鹿にされるのは許せないんだなぁって、
そのときに思いました。



今晩は、ミネストローネ。
ニンニクを効かせてあったまろう

私勝手なミネストローネ

コンソメとニンニクとトマトで煮ます〰
大根やブロッコリーも入ってるヨ。
写真がうまく撮れないなぁ・・
別窓 | トモクライムのこと | コメント:10 | トラックバック:0 |
泣いてしまってごめんね。
2013-10-27 Sun 02:06
トモヤの小学三年生時の担任を、遠くのスーパーで見かけました。

先生は、トモヤが亡くなったことを知らないようです。
もうずっと前に退職されて、誰も知らせなかったんでしょうね。


小学校低学年では、
あまり積極的でなく、どちらかというとはみだしっこのトモヤを、

「リーダーに育てようと思っています。トモヤくん、明るくていい子だから」

と、高く買ってくれた、とってもあったかい先生でした


トモヤが、おデブになって、のそのそしているから、
みんなからバカにされて、
仲間外れにもされていたので、
先生のその言葉がとても嬉しく、心強かったです。

トモヤの得意なピアノを、
クラスの前で披露させてくれたり、
勉強ができることを、
いっぱい褒めてくださいました。

大好きな先生だったのに、
一年で担任でなくなり、寂しかったなぁ・・。

結局リーダー的な存在になれずに、
小学校を卒業するまで、いじめられっ子でした。
(中学で劇的に痩せて、仲間外れはなくなり、人気者のトモヤになれました


「先生。先生がかわいがってくれたトモヤは、もう死んじゃったんです」
って、心で話しかけながら、
先生にみつからないように、隠れながら買い物をして、
車の中で、静かに泣きました。

きれいな水滴

私は、トモヤが石をぶつけられたときに、
いじめた子にやさしくしました。
私が、やさしくすると、トモヤにもやさしくしてくれるんじゃないかって、
そう信じていたんです。
仲間外れにする子と、仲良くしました。
そしたら、トモヤと仲良くしてくれると思ったからです・・。

こんな守り方でいいのかな・・と、
内心、不安でいっぱいでしたが、
トモヤは、元気で明るく、健やかに育ってくれました。

トモヤの周りに気を遣う癖は、
小学校のときの「仲間外れのトラウマ」だったんでしょうね。

トモヤと最強の仲間たち


そんな、
だいじなだいじな、トモヤは、
すっごく楽しそうな青春時代に、
あっという間にこの世から去ってしまって、
私は、
二度とあったかいトモヤに触れることができなくなりました。


トモヤに会えなくなって、38か月。
お母さん、そろそろ、こっちを卒業したい気分。

でも、まだ駄目だよね・・。
会いたいんだ…気が狂いそうなほど・・。

もう・・ほんとうに・・・いないんだね・・って、
泣いてしまってごめんね。
別窓 | トモクライムのこと | コメント:17 | トラックバック:0 |
トモヤ、自責の念がとれるまで・・・
2013-08-26 Mon 23:55
「いのちの波動」の大空さんが、今朝、カナダからメールをくださいました。

トモヤが母に伝えて欲しいと、
ミディアムでいらっしゃる大空さんを頼ったのだと思います。


「お母さんが悲しむことで僕の自責の念が強くなるので苦しい。
僕にとってはそれがお母さんが僕を許していない事のように感じられる。 
だから許して、許して.........。 」


自死をしてしまったトモヤは、いくら20歳が天寿だったとしても、
いまもこうして、
「家族の哀しみを、自分の痛みとして受けているんだな」と、
逢えない息子の愛しさと母としての責務を感じ、
朝から、涙・涙・・。
でも、悲しみの涙というより、感謝の気持ちでいっぱいなのです。

トモヤ、ごめんね、ありがとう・・。
そんなふうに・・涙が溢れます。


大空さんの了解を得ましたので、紹介しますね。

ちっちゃいサフィニア、かわいいなぁ・・


『ねこうさぎさん

朝こちらの時間の10時ごろにベランダの椅子でヨガの音楽を聞いていると自然に瞑想状態になっていました。空気が清々しく気持ちのよい朝でした。


すると瞼の裏にビジョンが現れて来ました。広々とした草原が見えて向こうの方が小高く丘のようになっています。青々とした草が茂っていて大きな運動公園のようなところです。


そこで体格の良い若者達が楽しそうにキャチボールをしています。両者の距離はかなりあってお互いに遠投をしているようです。野球選手同士という感じでした。すると一人の青年がこっちをむいて私に話しかけてきました。にこやかな表情の青年でした。


「僕は今反省しています。今は申し訳なくて母に顔向け出来ません。僕は軽率なことをしてしまったのです。もう少ししたら母に会いに行けるようになると思っています。
お母さん、体を大切にして。いずれ会えるのだから悲しまないで。
お母さんが悲しむのが僕には一番辛いから。


何故そういうことになったのか今はその理由は聞かないでほしい。人間は誰でも親には言えないものを持っているものだから。だからあえて聞かないでほしい。


お母さん、僕がそちらにいる間は僕のために良くしてくれて本当にありがとう!
心から感謝しているよ。
お母さんのしてくれたことは決して忘れないから。僕はお母さんの子どもとして生まれてきて幸せだったよ。


僕はやってはならないことをやってしまった。だから今は罰としてお母さんのそばに行けない。
でも時が来れば必ず近くに行くから。


家族のみんなや友達を愛しているよ。


僕は自責の念が取れるまでここにいることになっているみたいだ。それは自分の心が作る世界ということか。


お母さんが悲しむことで僕の自責の念が強くなるので苦しい。僕にとってはそれがお母さんが僕を許していない事のように感じられる。 だから許して、許して.........。


お母さんは今までに随分色んなことを学んだね。その学んだことを他の同じ苦しみを味わっている人達を救うことに役立ててほしい。そうすることで僕のしたことも世の中の為に役に立てることになるから。僕も救われることになるから。いずれ会う日を楽しみに。楽しみは後のために取っておこうね」。

以下略・・・・』


薔薇のつぼみ。かわいい・・

私は未だに、夢でもトモヤに逢えません。
大空さんからメールをいただいて、
トモヤがまだ私に逢えないと決めていることを確信しました。


トモヤ、ごめんね。
もうトモヤは自分を許していいんだよ。
お母さんは、いつもそう思って、応援しています。


待つからね。トモヤの自責の念がとれるまで。
別窓 | トモクライムのこと | コメント:14 | トラックバック:0 |
トモヤの歌(YHA YHA YHA)
2013-06-12 Wed 21:38
チャゲ&飛鳥の「YAH YAH YAH」が、お昼休みにTVで流れた。

あ、トモヤの歌だ!

そうか~、チャゲアスの曲だったのか~。



トモヤは高校生の頃、この曲を「あ、オレの歌」って言っていた。

高校野球では、
バッターボックスに立つ選手一人一人、自分だけの応援歌を持っている。

後輩たちが、踊りながら太鼓をたたいて、オリジナルソングを歌ってくれるのだ。

「やーやーやーやー トモヤ!」・・・と歌うらしい。

そうか~、聴きたかったなぁ・・トモヤの応援歌。

tomoya ストラップ
野球部のストラップ

トモヤは2年生の時に、応援団長をしたので、
県大会の朝、
「今日、ムトウが代打すると、お邪魔でドレミだ~
とか言って、踊ったりしていた。

同級生の仲間の応援を、自分はベンチに入れなくても、心から楽しんでいた。

3年の春に手首を骨折して、
背番号はもらえず、どんなに悔しい応援席となったことか。

諦めないで一生懸命がんばって、夏の大会では、初めての公式戦ベンチ入り。

「最初で最後の背番号13」

13番 ゴンとトモヤのユニフォーム
トモヤのユニフォームと・ゴンのユニフォーム^^


代打の席もあったけれど、運悪く、トモヤの応援歌は聴けなかった。

新聞に載ったよ
選手への伝令のときの写真が朝日新聞に載り、トモヤが大きく写っている

トモヤが投手の背中(11番)をぎゅっとつかんでいて、
写真を見て、みんなまた新たに感動していた。


いつでも、まっすぐで、生命力みなぎる男の子!
それがトモヤ。

やさしさと、繊細さと、豪快さ、逞しさ・・。
そのぜんぶがトモヤ。


20年だったんだね、決めてきた人生の時間。
お母さんは、もっとしっかり見ておけばよかったよ。
別窓 | トモクライムのこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
みんなの話、聴かせてね
2013-05-28 Tue 22:33
トモヤの高校野球生活は、
進学校だから、大学受験のための勉強もあるのに、
甲子園を目指している彼らは、
毎日遅くまで(時には深夜まで)練習していた。

父母会もとってもパワフル

新聞に載ったよ
朝日新聞に掲載されたトモヤたち・トモヤは13番だよ~

野球部の子は、
夏の大会が終わって初めて自由の時間がもてるほど、
定期試験の時も練習があったりした。

こんなにハンディがあったら、
受験に不利だなぁ・・と思うのだけど、
みんなとってもたくましい精神力で、
持ち前の優秀な頭脳で、
国立大学にも進学したし、学校の先生になった子も多い。


もちろん、トモヤも、
「中学の数学の教師になり、野球部の監督になる」
ことを目指していた。


トモヤの未来が無くなったことで、
トモヤのチームメイトの就職先などがどうしても聴けなくて、
そんな自分が嫌で、みんなの今後に気がつかないようにしていた。


でも、なんだかそれは私の本心でないことが、
最近わかってきた。

トモヤのことを、よーく知っていて、
トモヤがどんなに元気よく、どんなときも前向きで、
明るく楽しく、生きていたか知っている子たち。

私、みんなに逢いたい!


トモヤと一緒に汗まみれになって、白球を追った仲間たちに逢いたいな・・。
大阪遠征や・栃木遠征・・、合宿・・、がんばったよね^^
母たちも楽しませてもらいました


中学の野球部の子たちは、今も来てくれるんだけど、
高校の子は、家も遠くて大学もいろんなところに行っていて、
みんながどこにいるのかわからない・・。

お墓には行ってくれてるらしいけど・・。

虹です
高校のチームメイトのカレンダー


昨日、お墓にいったら山もりのビールが・・・。

ありがとう。トモヤを思いだしてくれてありがとう・・。


今度、家に来てくれたら、みんなの話も、聴かせてね^^
別窓 | トモクライムのこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい | NEXT

QRコード

QR