FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

思考が具体化する?
2012-02-25 Sat 14:22
最近、目の前に「111」がよく現れる。

先週2月18日、
mifoccoさんの「ソウルメイトの再会・ランチ会」に参加させていただいた。

mifoccoさんの計らいで、ごく少人数での開催だったので、
とても、ゆったりした時間をすごせた。
ランチ会は、美味しいお料理と、薔薇のジュース、楽しい会話で
ほんとうに、あったかな気持ちになれた。

mifoccoさんに初めてお会いして、
その愛らしさに、すっかりとりこになっている。
そこで出会ったHさんも、とても可憐な女性で、
初めて会った感じがしない。
繊細な魂の持主で、とてもきれいな方。

大雪の中、夜行バスで出かけて、
朝7時に東京に着いたら、いいお天気で、なんだか嬉しくなった。
来てよかったな


mifoccoさんに出会って、ハグして時計を見たら、

11:11

「キャーすごい!」「どんな意味だっけ?」「変容の時じゃなかった?」「あぁ、そう!そうですね」
ふたりとも、エンジェルメッセージを間違った?
いえいえ、mifoccoさんは、ちゃんと意味を知っていて、敢えて「変容の時」と伝えてくださったのです^^


本当のナンバーの意味は
「自分の思考を注意深く監視していてください。
そして考えたいことのみを考え、考えたくないことを考えないようにします。
この組み合わせはチャンスの扉が開こうとしているサインです。
そしてあなたの思考が記録的な速さで、具体的な形になっています

111の組み合わせはフラッシュの眩しい光のようなものです。
その意味は宇宙があなたの思考の写真を撮り、それを具体的な形にしているのだということです。
宇宙が撮ったあなたの思考に、あなたは満足していますか?していなければ、思考を修正しましょう。
(自分の思考を制御したり監視したりするのが難しければあなたの天使に手助けを求めましょう)」

エンジェル・ヒーリング
ドリーンバチュー「エンジェル・ヒーリング」より


mifoccoさんに会うまでも、
もう111が私の前によく現れて、意味はなんだっけ??と
気になっていたのに、
引き出しにしまってあったこの本を取り出して確認していなかった。

食事を終えて、お茶をしたときの金額は「1110円」
また111だね!って感激してしまった。

家にもどって来て、ブログのランキングを確認してみたら
「1111」位なんなの??
私の思考の何を現実化してくれるの??

月曜日、私は数字を扱う仕事なので、
111番。111円。1111円。の嵐です

mifoccoさんのところに行く!と決めたころから、
私の周りにどんどん現れるエンジェルナンバー「111」。

思考を注意深く監視しなさいというメッセージ。

mifoccoさんからも、
私の目標を「トモヤと話をすること」ではなく、
「トモヤを感じることを素直に受け取る」
としたほうがいいかもねと、アドバイスいただいた。
(話をすることが目的になると、達成することが難しいかもとのこと)


そんな感じで、チャンスの扉を開けていこう。



各数字のおおまかな意味は
1:思考
2:現実化
3:マスター
4:天使
5:変化
6:物質
7:精神
8:手放す
9:終わり
0:神
スポンサーサイト



別窓 | 癒しの書籍たち | コメント:4 | トラックバック:0 |
新型インフルエンザ(当時)のトモヤ
2012-02-12 Sun 20:26
新潟はここ3年くらい大雪が続いている。
2年前、トモヤが20歳になったばかりのころ、
大雪で私が仕事から帰って来るのに2時間くらいかかっていた。

「おかあ、オレ熱がすごい」
トモヤからのメールで、大雪で渋滞でやっと帰ってきたばかりの私は、
新型インフルエンザの可能性があったので、救急センターに問い合わせて、
とんぼ返りで、トモヤを救急センターに連れて行った。

「寒い寒い」
高熱で毛布にくるまっているトモヤを助手席に乗せて。

救急センターに着いたのは、22時過ぎ。
水分補給にポカリを飲ませ、
高熱でガタガタ震えるトモヤを膝に寝かせて診察を待った。

20歳になっても、母を頼ってくる息子はすごくかわいい。
久しぶりにトモヤを膝に置いて、私は密かに喜んでいた。

新型インフルエンザだった。
当時、とても怖いとして、隔離された大学生がいた。

トモヤはわが家で看病した。
あれが最後の看病になった。

看病といっても、大したことなどしていない。
仕事は休めなかったから、朝お粥を炊いて、
水分とデザートを枕元に置いて出かけた。

弟たちに感染しないように、トモヤの部屋に隔離した。
着替えの洗濯ものやマスク・除菌などを気にしたけれど、
三男に感染しただけで、家族全滅にはならなかった。

熱がある時のトモヤは、とてもかわいらしい。


「トモヤ、どう?苦しい?」
「あ、大丈夫。おかあ仕事なのに、ゴメン」
気を遣い、いい子でじっと寝ているのだ。

ご飯を運ぶと「アリガト」と言う。

かわいい。
トモヤ、逢いたいよ・・
別窓 | トモクライムのこと | コメント:8 | トラックバック:0 |
謝ることも許すことも
2012-02-11 Sat 23:03
どうしても許せないと思っていることを
「この前は悪かったね」と謝られたら、
私の哀しみや怒りは、抑えつけられたようで、
行き場が亡くなり、謝られる前よりむしろ苦しくなることもある。


謝られても許せない・・と思ってしまう自分が
「これで許せなかったら自分が悪いってことなの?」
と自分自身を責めてしまうのだ。


傷つけて、ずっと知らん顔していた人が
自分がやめにしたいと思って簡単に謝ること、
それは、罪ではないのだろうか。

「謝ったんだから、もういいだろう」と
勝手に終わることはかなり自己中心的である。


守護霊の訳者とくもりけいこさんが、ご自身のブログで
「相手が許せないんだけど?」の記事に
「謝って済んだら警察はいらない」と書いていらっしゃる。

『謝られても自分がモヤモヤするのは、
相手が「ごめんね」で全て済まして勝手に強制終了してしまったのが
納得行かなかったということが分かった』

というコメントもあった。


私は、夫の母に
トモヤに逢えなくなって哀しんでいるときに
「義妹の気持ちがわからないのか」と怒られた。
私の哀しみより、義妹の気持ちを優先するのが
どうしても許せなかった。
お年玉のこと愚痴っています)

「あけましておめでとう!」と何回も言うので
「私たちはお正月が辛いので、おめでとうと言わないでください」
と言ったときに
「もう一年経ったからいいんだよ!何言ってんの!」と怒られた。
一年経つと、トモヤがいないことがなかったことになるのか。
泣いてばかりのお正月で愚痴っています)


いつも私の哀しみなんかお構いなしに
自分勝手な感情で怒り、私を傷つける。



先日、一年ぶりにお年玉のことを「悪かったね」と謝ってきた。

謝って来た人に「許せない」と思う事は
許せない人間が悪人だ。それが世間一般の常識。

でも、私は「もう私に構わないでください」と言ってしまった。

「あんたはどうして、そうなの!!」
と、結局傷つけた自分ではなく、許さない私が悪者なのだ。

私の気持ちをかき乱さないで欲しい。

私はトモヤがここにいないこと、話ができないことを
なんとか受け入れようと必死に頑張っている。

「魂なんか、ない」
と、簡単に言ってしまう義母に
私の気持ちがわかるはずがないのだから、もうそっとしていて欲しい。

謝られても何をどう許せばいいのか、私にはまだわからない。


謝ることも許すことも、とても難しい。


絶対に許せないと思っていたことを、許すことが出来れば、
過去は消せないけれど、未来は変わるのだろう。

必死で耐えて、昇華しようと努力している私は
きっとトモヤの想いも、
私のこの状況も受け入れられる時が来ると信じている。

もう少し、「許せない自分」を許していこうと思う。
別窓 | 愚痴ってます | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツインソウル(飯田 史彦)
2012-02-06 Mon 20:39
ブログに訪問して下さる方に、
トモヤと同じころに自死した息子さんを持つお母さんがおられる。

その方は、
「こんな気持ちでいると息子が苦しむからと言われ、
自分の苦しみより、息子が苦しむという言葉にハッとして、
必死で息子の幸せを願い、ここまで来ている感じ。
自分の苦しみは、癒やされてない
とつぶやいた。


私たち、子どもを突然亡くした親は
子どもと突然引き裂かれた苦しみ、
子どもの気持ちを知ることができない苦しみ、

そして、奈落に落とされるかのような激しい絶望感を味わっている。
心が痛すぎて、笑うのも本当は嫌だ。

何をしても空しく、
「気晴らしに・・・」という誘いに、勇気を出して出かけてみても、
埋められなこの寂しさに、愕然とするのだ。


私たちが癒される、解決の方法は、息子に逢う事だけだ。

自分を正気に保つためには、
物質世界の思考でいては駄目だと
私たちは目に見えない世界を探求する。

息子たちはそこにいるから。

ツインソウル 
「ツインソウル」 飯田 史彦


ツインソウル(双子の魂)には興味がないけれど、
この本で救われたのは

「未成仏な霊などいない」
ということがわかったことだ。

自死した罪人(つみびと)は
その罪の重さにずっと苦しみ、同じ場所に留まっている・・・
とよく言われる。

「みんな守護霊がいるのに、そんなはずはない」と、私は常々思っていた。

「自死した魂」でも書いたけれど、自分を責めてしまうから苦しむのだ。

飯田氏によると、うろうろしている魂には「光の救済担当」がいて、
きちんと光の世界へ導いてくれている。


数人のミディアムを通して、
トモヤの今を知ることができたけれど、
飯田氏の力強い言葉で確認できたことは、とても喜ばしい。

飯田氏は、脳出血による臨死体験をして、
光の世界を知ることができた。
そこでの体験を、わかりやすく書いていらっしゃる。

そら


私も、光の世界に繋がりたい。

自分の生れてきた意味、学ぶべきことなどが、
肉体から離れた時に、思い出すそうだけど、
それは、いつになるんだろう・・。

トモヤに逢えることができたら、苦しみが終わるのに。
別窓 | 癒しの書籍たち | コメント:5 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR