FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

21回目の月命日です
2012-05-27 Sun 20:02
21回目の月命日。

お墓に、ビールが4本・タバコが2箱ありました。

わ~、トモヤの友だちが来てくれたんだなぁ。
先週はなかったので、やっぱり今日の月命日に来てくれたんだろうと、
心があったかくなりました^^


トモヤと話ができなくなって、もうすぐ2年。

でも、物質界で生きてる時よりずっと、トモヤと話をしているんです。
「おはよう」とか「ご飯食べた?」、「仕事疲れたよ。トモヤはどう?」「ほら!絹サヤいっぱいなってる!」
なんて調子で、あの人ヘン!って言われそうなほどです

トモヤからの直接的な言葉は受け取れないけれど、
「今そばにいるよ」みたいに感じることはあります。

私には霊感がないので、それはエンジェルナンバーだったり、
本の一節だったり、TVのコマーシャルであったり。
わけもなく、不意に流れる涙にも。

あ!!トモヤ!!って感じる瞬間があるのです。


そんなときは、涙が溢れてきます。
ずっと生きていてくれることに感謝、そして私の子どもに生れて来てくれたことに感謝。
トモヤの愛しさに、涙が溢れます。



今朝は、トモヤの大好きな鶏の唐揚げを作ってあげました。
トモヤが絶賛の、私の得意なお弁当のおかずの一つです^^
(トマト煮の絹サヤは庭で採れたものです


トモヤの朝ごはん
↑トモヤの朝ごはん。大好きな骨付き鶏の唐揚げ・キャベツのトマト煮・シソ昆布・ばあちゃんの作ったイチゴ。


ピンクのお花のゴマ塩
ごはんにお花のゴマ塩です^^


霊界は心の階層だから、今、自分が生きている心のまんまの世界。
智哉と同じようにピュアに生きないと、同じ霊界にいけないかもしれません。


昨日、遊びに来た子どもが、
「トモヤからのメッセージ」をみて、「これ、なに?」と聞きました。

「トモヤはね、姿は見えないけど、いつも近くにいるから、見える人に頼んで書いてもらったんだよ」
と教えてあげたら、その子のお母さんが、
「わははは!●●(その子の名前)、信じられるかなぁ~!!」って大笑いしました。

私たちは、トモヤがどんなふうにしているか心配で、
このメッセージ画が届いた時は、家族全員、号泣しました。

「トモヤ!!こんなとこで元気にしていたんだね」って、
トモヤからのメッセージをほんとうにほんとうに大切にしています。

それを、こんなふうに笑い飛ばされて、哀しくて悔しくて、怒ろうとしました。

トモヤに逢いたくて、苦しんでいる私たちの毎日を、
少しでも想像してもらえれば、こんなふうに笑えないはずです。

でも、わからないんですよね。
子どもがそばで元気に育ってる人には。

そして、私は、トモヤのことをわかって愛してくれる人が、何人かいれば、
わかんない人が大勢いてもいいやって、思いました。



全ての人が、あの世に還ったときにみんな思い出します。

自分が傷つけた人の痛みも、感じなければなりません。
そして、今後の学びの計画をたてていくのでしょう。


私は、トモヤのこと、自分の身に起きることを、
しっかり受け止めようと準備を始めています。

ピュアに生きたいから。
スポンサーサイト



別窓 | 料理 | コメント:5 | トラックバック:0 |
最近のわたし
2012-05-25 Fri 07:37
友人から、「励ます会」をするから、一緒に飲もう!とお誘いが。

「飲む気分じゃないんだわ」
「いつまでもそれじゃ、ダメだよ」

今の私ではダメ?
そうかなぁ・・。普通に仕事がんばってるし、韓国ドラマも観てるし、
知りたいことは、どんなに遠くだって出かけてわかろうとするし。

ご飯作るのも楽しんでいる。
(私、料理好きなんです

こじんまりとした家庭菜園と、ガーデニングが
トモヤのいない寂しい生活にハリを持たせてくれている。
(人って、育てることが癒しになるのかな


トモヤと話ができなくなってから、
私の中で不要なものや不要な人間関係がわかってきて、
私は自分の感性と合わないことには自然と遠ざかって行った。
(つまんない宴会は・・・もういいかな



スピリチュアルなことを学び始めたころ、
若くして亡くなったお母さんのことを、
「崇高な魂なんだわ」なんて一種の憧れに近いものを感じていた。

自分が子どもを亡くして、その立場になったら、
そんな奇麗事では済まないことがわかった。
(だから、体験させられたんだろうか、なんて初め思いました


魂の学びとしての今世の計画が終わり、天に還っていく。
トモヤは、もといたところに戻って、自分の計画してきたことを思い出す。

だけど、物質世界で生きている私たちは、別れが辛くて哀しくて、
想像を絶する苦しみを体験する。



でも、人は幸せになる「義務」がある。

だから、「若くして天に還ってしまうこと」が
「不幸なこと」と言われたら、「幸せになる義務」はどうなってしまうんだろう。

亡くなることは決して「不幸なことではない」はずだ。
人はみんな、生れたときから、「死」に向かって生きているんだから。
ゴールが不幸なら、なんの為の出発だろう。

モクレン


トモヤが向こうの世界で、今、どんなふうに生きているのか、
私の想いがトモヤに伝わっているとはいえ、
トモヤの気持ちや様子を私が知ることはできない。

それは、本音を言えば、
身を削がれるような、胸が張り裂けるような、
言葉でなんか説明できない苦しみだ。

でも、
それを計画してきたんだよね・・。


そんな簡単にクリアできない課題。それを抱えてるんだと。

瞑想して、しっかりグランディングして、宇宙と繋がって、
内観しよう。

何を求めて、何を確かめるために、この世に来たのか。
トモヤからもらった愛の宿題を、ゆっくりと。

トモヤが命をかけて私に教えたいこと、
少しずつ感じていくよ。
別窓 | 気づきと学び | コメント:0 | トラックバック:0 |
どのような終え方を選んできたか
2012-05-19 Sat 00:01
トモヤが還りたがっているのに、
私が引き止めているとしたら、それはとても罪深いことなのだろう。

でも、それも全部計画なのだと思う。

かわいい子どもが自ら天に還ってしまうなんて、
そんな大それた計画を一緒にした私も、
現世では、それを簡単に受け入れられないで、、
考えたり、悩んだりして、
時間をいっぱいかけて受け止めるということを
わかっていたはずなのだ。


「オレは、20歳くらいで還る。
それまで、友だちやじいちゃんやばぁちゃん、お父さんお母さん、
弟たちに、精いっぱい「愛」を与えるからね。
オレのこと、そんなやつだった!ってずっと憶えてて。
みんなの記憶の中に生きていくから。
だから、いっぱい遊んで、勉強して、野球して、
はちゃめちゃに楽しむ!一生涯を20年間で生き切るから」


私は、こんなふうに感じる。

トモヤは、ほんとうにほんとうに、
一生涯を、生き切ったと「がんばったじゃん!」と褒めてあげよう。

だから、もうみんなわかってるから、
自分を許していいんだよ。

トモヤ、先に逝ってしまって!なんて怒らないから。

ピンクのカスミソウ



「光の記憶 魂の記憶 まさよさんのブログ」で、自死のことをこんなふうに書いてありました。

自ら亡くなる事は 人生を命を絶つという言い方をされますが 絶つのではなく
病気で亡くなる事と同じように お役目を終える事なのだという事を
以前 光に教えてもらったことがありました。

それは生まれてくる時に今世どのような終え方を選んできたのかなのだと思います。

亡くなった時に 自分の選んだお役目を誰もが知る事になった時
どのような亡くなり方をしていても 無事に順調に終えた事に気が付くのでしょう。

自ら亡くなった人は 彷徨っているわけでも 苦しんでいるわけでもなく 
同じように元の場所に光の場所にガイドとともに還っています。



トモヤと最強の仲間たち

トモヤが決めてきた人生の終わり。
私が立ち会えて、真心をこめて供養してあげられる。
友だちも、めちゃくちゃ恋しがってる。
トモヤって、やっぱり幸せ者です。
別窓 | 気づきと学び | コメント:8 | トラックバック:0 |
思い出はいっぱいあるはずだからね
2012-05-14 Mon 22:22
12日の土曜日、江原啓之さんを女性にしたような方にお会いしてきた。
にこにこしていて、あったかい方。

トモヤは今回もまた、
自分の20年間の人生は、ものすごく幸せだった。
濃い20年だったんだよって言っていた。

そして、
「もうお母さんもお父さんも、●●も●●も(弟たちの名前)
自分自身を責めないでほしい。
誰のせいでもなくて、オレは20歳で亡くなる予定だったんだよ。
守り切れなかったなんて思わないで。
もし、その時死ななくても、別の形で死んでしまうんだから。」と。


涙が溢れた。

トモヤを救ったと、喜んだあとでまたトモヤを亡くしてしまうんだ

トモヤを守れなかった、親の罪を背負ってきたけれど、
ほんとうにトモヤは20歳の生涯を決めて生れてきたんだね・・。



自分で死を選んだことは、
「死んだ後の世界って、どんななんかなぁ・・って思った」とのこと。
そして、怖いとか悲しいとかは全く感じなくて、
ちょっと行ってみたくなったそうだ。
(それが、還ることを思い出したってことなんでしょうか)

行ってみて、
自分の人生がここまでだったことを理解し、楽しかったと納得した。


5月8日 かわいい白い花が^^
雪が降る前に植えた種が、もうこんなに花を咲かせました^^
(絹サヤです


トモヤはものすごく「与える愛」の魂で、家族や友人にいっぱい愛を与えてきた。
トモヤと一緒にいると、みんなが楽しく幸せだった。

その思い出を話していってほしいと言った。


「おれの、楽しい思い出を話しながら笑って生きて。
いっぱいあるはずだからね」
トモヤはそう言って、にこにこ笑っているそうだ。

別窓 | トモクライムのこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
魂も、肉体も
2012-05-13 Sun 00:08
「肉体より魂が大切」なんて、わかったようなことを言っていたのに、
近頃の私は、肉体がとてもとても恋しい。

トモヤに似ている、嵐の大野君がTVに出れば
「トモヤがんばれ~」なんて本気になって応援してるし、
三男の背格好がトモヤにそっくりになってきて、
私は時間が止まったかのように観いってしまうトキがある。

あの、やさしいまなざしに逢いたいし、
かっこいい長い指も、細い足首も触りたい。
どかんと寝ころんだ巨体も、がははと笑う大きな声も、
みんなみんな愛しい。

人は、魂(精神・こころ)だけでなく、匂い・体温・声・「肉体」があって
やっぱり人といえるんだなぁ・・・とつくづく思う。


以前、「トモヤは弟たちの子どもに生まれ変わることがある」と、
伝えられたとき、実はあまり嬉しくなかった。

あの世にトモヤがいなかったら、私が逝った時に逢えないし、
転生しても、今のトモヤのままの記憶で会話できない。
だから、魂のトモヤに逢いたい。


あまり早く生まれ変わらないでよ。
せっかく、誰もがやすらげるほんとうの故郷にいるんだしね。

お母さんが逝くまでもう少し待っててね。

そら


スピリチュアルカウンセラーの華連さんに言われたこと。

「●●さん、人間の本質は、肉体と霊人とどっち?

霊人(魂のことかな?)がほんとうのトモヤさんなんだから、
肉体がなくなってもトモヤさんはいなくなっていませんよ。
わかるわね。

会えない時間、この世の時間でいえば30年くらいかもしれないけれど、
あの世では時間はありません。
あっという間だから。

また、トモヤさんに逢えるのよ。今度は本当の霊人同士でお話しできる。
今、会えない時間は、本で言うなら、一行ほどの期間なんですよ。

だから、肉体を持っている時にしかできない人生を生きて欲しいです。
毎日トモヤさんを、一生大切に思って、でも泣いてばかりいないで、
そんなふうに生きてほしいわ」


トモヤが、そう望んでいるから、
私は、がんばる。
今のトモヤの姿で待ってて。トモヤのかっこかわいい顔がみたいよ。
別窓 | 気づきと学び | コメント:8 | トラックバック:0 |
成人式に思う
2012-05-03 Thu 21:41
今日は、二男の成人式。
2年前のトモヤの時は、すごくいいお天気で、
トモヤは彼女のCちゃんと幸せそうな写真がある。

これが、この世での最後の写真。
成人式で嬉しそうだ~
この笑顔のわずか三カ月後に一人で天に帰った。

トモヤが亡くなってずっと後に、Cちゃんからもらった写真。
トモヤ、すっごく幸せそうだね!と涙が止まらなかった。


だから私は「成人式」というキーワードに敏感になり、心が乱れる。
あの時、トモヤは元気に笑っていたのに。
成人した喜びと、これからの希望で、未来は輝いていたのに。


二男が成人式にでかけるときに、
もうすぐ二男がトモヤのこの世での年齢を越すんだなぁ・・
なんだか、寂しい・・なんて、不思議な気持ちで見送った。



トモヤに逢えなくなって、8月で2年になるけど、
時々堰を切ったように涙が溢れて止まらなくなる。
あの日に戻って、トモヤを守りたいと。


でも、それがほんとうにトモヤを守ることになるのかは、
最近わからなくなった。
この世で生きにくい、純粋な魂もあるのだと。

醜い人間社会で生きることが苦しい、そんな魂の持主には、
物質世界に戻すことが、幸せじゃないかもしれない・・。


肉体がなくなっても、トモヤがいるのは真実。
また会う日まで、もう少しの我慢だ。


くるみの太巻き
成人式のランチに、トモヤの好きな「くるみ味噌入りの太巻き」を作りました。
別窓 | つぶやき | コメント:4 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR