FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

試験会場で
2012-10-31 Wed 23:27
今日は、月末にもかかわらず、
「証券外務員資格更新」の講習と試験があった。
郵便局が民営化するときに、取らなくてはいけなかった資格のひとつ。

5年ごとの更新の際、講習と試験がある。


その試験会場、PCに、ヘッドフォンで試験をする。
20人ほどの受験生がそれぞれみな、違う試験を受験している。


私のような、更新の講習と試験はお気楽で、
スーツにネクタイのいけめん君が、
テキストを懸命に読んでいた。

大学生も、証券外務員資格を就職活動前に取る人も多い。


資格をとった6年ほど前も、私もこんなふうに必死だったなぁ。
私には証券業界など無縁の世界だったので、
ものすご~く難しかった。
コール市場とかデリバディブ取引とか、意味わかんない
(それでも、2種・1種・内部管理・と3つも取りました

当時、トモヤは高校生で、
「お母さんのほうが、一生懸命勉強してるじゃん!」
と、野球おバカのトモヤを叱咤してたっけ。

そら

ほんとなら、トモヤもこんなふうに、
試験試験の日々を過ごしたかもしれないな。

今日、新潟の試験会場で、
トモヤくらいのいけめん君をうるうるしたまなざしで、
「がんばって~」と心で声援を贈る、
あやしいオバさんは、私です
スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 |
屋根部屋の皇太子
2012-10-30 Tue 23:50
朝鮮王朝20代目・景宋がモデル(かなぁ?)の
皇太子イ・ガク(ユチョンssi)が、現代にタイムトリップする。

未来の自分になりすまし、過去の皇太子妃の死の謎を解く。


ちょっと奇想天外な設定だけど、
亡くなった愛する人をとりもどそうとする姿は、涙を誘う。

ユチョンssiの名演技が、心を強く惹きつける。

朝鮮の皇太子というカリスマ性を持ち合わせ、
洞察力・推理力は素晴らしく、
過去から来たというハンディを感じさせない。

過去から未来へ行ったユチョンssi


現代に来て初めて飲んだ「ヤクルト」にはまり、
山のように買い込む姿は、とってもほほえましい^^
ヤクルト買い込み^^



現代人ヨン・テヨンが皇太子の魂の生まれ変わり。

テヨンを助けたいと見つめるガクのまなざし、
現代に慣れ親しんでも、朝鮮に帰らなければならない責務を背負うガク、
皇太子妃の死にまつわるミステリー、
なんだか最後まで目が離せない。

20話中、18話まで視聴した。
最後は号泣必死だそうです

景宋王は陰謀で殺害された悲劇の王。
イ・ガクはどうなるんだろう


ちょっとコメディ要素もある 皇太子の三銃士
家臣も一緒にタイムトリップ(なんかかわいい

タイムトリップする話は大好き。
ミンホssi主演の「信義」もそう。楽しみ~^^
別窓 | 韓国ドラマ | コメント:4 | トラックバック:0 |
子供をなくした親が身近にいるあなたへ
2012-10-28 Sun 00:16
エリザベス・メーレンの
悲しみがやさしくなるとき」【子どもを亡くしたあなたへ】
が読まれているブログを、最近頻繁に目にする。

41HVDN90C2L._SL500_AA300_[1]

「雅人ママの小さくて大きい日常」の雅人ママさんが、
この本のサブタイトルを
【子どもを亡くした親が身近にいるあなたへ】
にしたほうがいいのではないか、と書いていらっしゃる。

ほんとうに、そうだな!と思う。

エリザベス・メーレンは、子どもを亡くした親を、こう書いている。
「見かけはまったく前と同じに見えるかもしれませんが、
もはや別人です。
子どもを亡くすという大きな悲しみは、人を完全に変えてしまいます」



子どもを亡くすということが、どれだけの痛みなのか、著者は言う。
「専門家の多くは、
人間に与えられる試練のうち最もつらいのは喪失と絶望だと言っています。
子供の死はそのどちらかの点からも、桁はずれの試練と言えます。」


その試練を美化する無邪気な未経験者は、
「あなたは間違いなく、前より思いやりが深くなったわね」と
声をかける。
「私が思いやりのある人間になるために、息子が死ぬ必要なんてなかったのよ」
と答える母親。

本を読み返して、あぁ・・そうなのよ!と、
以前読んだときは気がつかなかったいろんなことが見えてきた。


私が2年間、
悲しみを抑えつけていたこと、
周りに応えようと必死に合わせていたこと、
自分のことを知らない人と過ごしたかったこと、

それは、身近にいる人たちが、
私の悲しみを理解できないからだったのだろうと思う。
(体験していないのだから当然です^^)

きれいな水滴


こうゆう本を、
子どもを亡くした親が身近にいる人に読んでもらえたらなぁと、
ほんとうに思います。

やさしい人がひどい言葉を口にしてしまう無知。
無知は哀しんでいる人をさらに追い打ちをかけて傷つけてしまう。

乗り越えようと努力はしていますが、
どうか、悲しみは終わらないことをわかってください。


別窓 | 癒しの書籍たち | コメント:11 | トラックバック:0 |
26回目の月命日に
2012-10-27 Sat 01:29
以前、「謝ることも許すことも」で、こんなふうに書いている。


「絶対に許せないと思っていたことを、許すことが出来れば、
過去は消せないけれど、未来は変わるのだろう。

必死で耐えて、昇華しようと努力している私は
きっとトモヤの想いも、
私のこの状況も受け入れられる時が来ると信じている。

もう少し、「許せない自分」を許していこうと思う」



これは、今年の2月に書いた。もうすぐ11カ月になる。

近頃、思っていた。
「許せない自分」を「許せる自分」にしたい。
そろそろ、心の鏡の曇りが気になってきた。

私が許せないと思っている、「怒り」は「哀しみ」が変換されたモノ。
トモヤは、そんな私を観て、嬉しいはずがない。


私にとって、トモヤと逢えなくなった2年間は、
ほんとうにほんとうに苦しくて哀しくて、どうしようもないものだけれど、
私が苦しむことを、トモヤが望んでいないことはわかる。

トモヤがこっちに帰ってこれないのだから、
だったら、トモヤが穏やかに生きれるように、
母親の私は、応援してあげたい。

こっちの世界で生きているとき、守ってあげられなかった。
せめて、向こうの世界でのトモヤを精いっぱい応援する。

モクレン

許せないと思っていたこと。

葬儀の準備中、葬儀後に家での飲み食いをしないことに決めたら、「接待しないのか!」と、怒った親戚の人。

お通夜の席で、「あんたがしっかりしないで、どうすんの!」と怒った友人。

お通夜の何日か後に、「すっごく哀しいお通夜だったわ」とドラマの感想のようなメールを送ってきた友人。

トモヤが亡くなってすぐのころ、「おにいちゃん、もったいなかったね~」と出会いがしらに話しかけてきた人。

トモヤが亡くなって2週間くらいのとき、「元気出してよ!」と笑いながら大声で肩をたたいた近所の人。

トモヤが亡くなって2カ月、「めそめそしてばかりじゃダメだよ」と遊びに誘った友人。

トモヤが亡くなって3カ月たったころ、「もう二人いるからいいじゃないか」と言った上司。

電話でわざわざ「私の友だちが、死にたくない死にたくないって言って、亡くなった」と、そんな話をする友人。

トモヤが亡くなって初めてのお正月に「あけましておめでとう!!」と元気にわが家に来た弟夫婦。

喪中はがきをだしたら、興味本位でぶしつけな電話をかけてきた友人。

たった5カ月足らずでも、こんなに書けてしまう・・。



こんな「許せない思い」を抱えていては、前に進めない。
トモヤに逢えない。

「怒り」に変わってしまった「哀しみ」の塊を少しずつ溶かしていこう。

今日はトモヤの26回目の月命日。
ちょっとずつ進むよ^^
別窓 | つぶやき | コメント:4 | トラックバック:0 |
一回きりの人生
2012-10-24 Wed 21:30
三男と私は、いつも魂や霊界の話をしている。

ふだんの三男は、
「中間世で約束したから、トモヤとまた話の続きができるよ」
みたいに、私の気持ちをくんでくれるような感じで。


最近、

「おかぁ。人生は一回きりだよ。魂は転生するからって、同じ人にはなれないんだからね」

と、そんなふうに言ってくる。

「トモヤはバカだよ、頭もいいし、仲間も彼女もいるのにさ、一回きりなのに」

「でも、決めてきたことなんだよ」

「そうか、だからバカだよね。自分の人生犠牲にして、何を学ばせんの?」
(「おひとよし」のような意味でバカと言っています)


早くに天に還った息子を、
魂がきれいだからとか、みんなの学びのため自己犠牲の魂だとか、
なんだかんだ理由をつけて、ぽっかり空いた埋められない哀しみの穴に、
蓋をしようとしていた。


そして、
トモヤとは、あの世でまた同じように、家族で暮らせると思っていた。



そら


野球でファーストを守って、投手の近くまで寄って来て励ますトモヤ。

アトピーでジュクジュクした身体で、元気に部活動に出かけるトモヤ。

背番号がもらえなくても明るく、応援に命がけでがんばるトモヤ。

野球のブルゾンのポケットをチクチク縫うトモヤ。

お笑いの番組で、番組そのものより面白い、大笑いするトモヤ。

仲間を大切にして、自分から電話を切れないやさしいトモヤ。

まるまる太っても、すっごくカッコかわいいトモヤ。


次の人生では、この同じトモヤには、もう生れないんだ。
魂は新しいトモヤとして生れ、声も姿も性格も、まったく別の人格だ・・。

哀しい、寂しい、悔しい。
あんないい子に育って。あんなに素敵な男性に成長して。

一回きりのトモヤの人生、お母さんはもっと味わってほしかった。
あかあ、時間じゃないってば!トモヤはそう言うかな。

いつも一緒だ


トモヤ、お母さんはまたおんなじトモヤに逢えることを、信じています。

あの世で逢うときは、どうか今のお母さんの記憶のトモヤでいてね。

次の生ではもう同じトモヤではないことを、覚悟しました。


どうか、私がそっちに行くまで、そして、しばらくそのままでいて。

別窓 | トモクライムのこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
宗教の勧誘
2012-10-22 Mon 00:55
Nという宗教団体が、勧誘に来た。

私は二十歳くらいから、宗教団体の教本などを読むのが好きで、
訪問時の話はけっこう聴く。

法華経には興味があった。
家の近くにある教団に、話を聴きに行ってもいいとも思っていた。

しかし、夕方4時から5時の一時間、勧誘のボスはしゃべりっぱなし。
正座している私は、ちょっといい加減にして欲しいと思った。

彼らは私の家の供養が間違っていると言った。
真言宗は長男が早逝すると言った。

「私は、いろいろな教えのいいところを取り入れたいので、
あなた方の話も聴きましたが、他の宗教をけなすところは受け入れられません。
教団に行くかどうかは、近所の方の話も聴いて判断します」
こう言って、帰ってもらった。


もらった冊子を読んだ。
体験記に、28歳の息子を亡くしたお母さんの手記があった。

驚いた。

そのお母さんは若いころに入信した。
そして信心ないまま結婚し、子どもが生まれた。
子どもは難病で7歳までの命と宣告された。
「不敬の罰」で子どもが重度の水頭症になったが、
その後の信仰で28歳まで生きた。
N教の「罪障消滅」に感謝している。


不敬の罰。

怖い宗教だ。


そのお母さんは入信しなければ、初めから罰もなかったということだ。

どうして、それに気がつかないのだろう。



冊子には、その他の供養や教えは邪教だとあった。

こんな恐ろしいことを教える宗教団体は、次回訪問時は断ろう。
別窓 | つぶやき | コメント:4 | トラックバック:0 |
ベテルギウスはどうなったかな?
2012-10-21 Sun 11:19
「やさしいなみだ」のmifoccoさんのサイトにおじゃましたら(毎日ですが
オリオン座流星群が、今晩観れるとの情報が

そこで、突然思い出しました!

そういえば、ベテルギウスはどうなったのかな~!

以前、「ベテルギウスが爆発したら」で書いたのですが、
今年ベテルギウスは超新星爆発すると言われています!
たぶん、640年前に爆発して今年観れる、という事だと思いますが。

ベテルギウスは、直径が太陽の1000倍もある大きな星。
超新星になったら、地球からその様子が観えるわけです。
大興奮ですよね!

オリオン座とベテルギウス
オリオン座の画像、お借りしました^^
クリックして大きくして観てください^^


自ら光り輝く恒星も、ヒトと同じように生れて死んでいきます。
(人は肉体が死を迎えるだけですが)

地球と同じ銀河系に生れたベテルギウス。
星が一生を終えるとき、最後の大爆発を起こしてもっと輝く「超新星」になる

太陽の次に明るい恒星「シリウス」と並ぶ明るさとなって、昼間でも輝いて観えるようです。


トモヤも肉体という衣を脱ぎ捨てて、
トモヤらしく輝いて、向こうの世界で生きているといいな


ベテルギウスの爆発をイメージした映像を見つけました。

もう・・・、素敵すぎです
別窓 | 星のこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい | NEXT

QRコード

QR