FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

根の深い木
2013-09-23 Mon 15:33
「뿌리깊은 나무」(プリギプン ナム・根の深い木)24話中17話視聴しています。

武力で抑えつけていた父(太宗王・テジョン王)を嫌い、
新しい国作りを目指した、世宗王は、ハングル文字の創製で有名です。
(1万ウオン札に肖像画も^^)

「庶民が簡単に覚えられる文字を作る」
セジョン王の民のための国作りの命がけの情熱に感銘を受けました。

当時の韓国は、中国の文字を使い、
中国を敬愛し礼を尽くすことで国や王を承認してもらい、国を統治していたのです。
難しい漢文は、当然庶民は学ぶ機会もありません。

セジョン王は、虐げられてきた庶民が文字を得ることにより、
新しい国の未来に繋がると考えました。


文字を創製し、交付することを阻止しようとする反対勢力と、
対立していくセジョン王の生き様は、そうとうな決意を感じさせます。

「生まれ変わったら、王にだけはなりたくない」

そう語る、セジョン王・・・。

気さくで、人間味のある愛情深い王を、演じたハン・ソッキュssiは魅力的です^^


セジョン大王
人間臭い魅力的なセジョン王を演じたハン・ソッキュssi


来月また韓国に行くんですが、
光化門広場のセジョン大王像に挨拶してきます


主役の3人(ハン・ソッキュ❤ シン・セギョン❤ チャン・ヒョク❤)
和やかなムードの三人♡


識字率99%の日本(韓国も同じ)で生まれた私たち。
字が読めて書けることを当然として生きてきました。

それが、どんなに幸せであるか、このドラマをみて、
すごくありがたいんだってわかりました^^

お薦めです
スポンサーサイト
別窓 | 韓国ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
それぞれのお彼岸
2013-09-22 Sun 11:57
お彼岸ですねぇ。
いいお天気で、庭掃除や布団干しもバッチリです!

トモヤは、お盆と命日とお彼岸がくっついてるので、
世間のお彼岸のあるべき姿にこだわらず(勝手だなぁ)
お花は庭の花に少し買ったものをアレンジしたもので許して

お料理も、霊供膳は先月さんざんお供えしたので、
今日は、おはぎとフルーツで^^

あずきは母の畑で採れたもの。
ちょっと堅かったかも


お彼岸に合わせて二男が帰省していました。
今日の夜行で東京に戻ります。

また、寂しくなるなぁ。

夕べは5人とゴンとで雑魚寝(見えないトモヤも一緒に)しました。

お彼岸だからって、なにもできないけど、気持ちは、いつも同じ。
トモヤの話をいっぱいしたよ^^

お彼岸なのに、ごめんね
おはぎ・里芋の味噌煮・サラダ・大学芋・ジャガイモの牛乳煮・メロン・梨
画像が奇麗じゃないですねぇ。


庭の花と一緒にアレンジ^^;
庭のセージ(チェリーとブルー)と薔薇に、ひまわりとカーネーションで、
カンタンアレンジでえす


私は元気です^^
メールやコメントありがとうございます^^

悲しみを抱えたまま笑うの。
トモヤを安心させてあげたいからネ^^

そうやって、これからも笑顔で生きていきます
別窓 | つぶやき | コメント:6 | トラックバック:0 |
踏みこまない一線
2013-09-21 Sat 00:02
踏みこめない一線ってあるはず。

満月が奇麗だって話をしてきた非常勤さんに、

「私、月見ると涙がでてきてね・・」って、言ってしまった。


トモヤのお通夜にもきてくれて、年も私よりちょっと上。

つい、気を許したのデス。


「はぁ?なんで~?」と、彼女。
(と、笑う)


「子どもが月にいるみたいで、泣いてばっかり」と、私。



「そんなんじゃ、ダメだな!!」

まるで、ばかにした口調で、彼女は言った。




私は、心臓が張り裂けそうになった。


涙が出た。
帰りたくなった。

この心の状態では、仕事ができないと思った。

私の何がわかって、そんなことを言うんだろう。
子どもを亡くして、月をみて涙がでることが、なぜだめなんだろう。



人には、
踏みこんではいけない一線ってあると思う。

触れられたくないデリケートゾーンには、入ってはいけない。
悲しみを知らない人が、他人の悲しみを、
簡単に語ってはいけないと思う。



首つりのポーズをした非常勤さんもいた。
その人もお通夜に来てくれている。

ないげない行動・ヒトことで、人間性がみえる。


そらと木


「私が普通だと思わないでください」って、言いたくなる。

ものすごく無理して、空しい気持ちに蓋をして、話をしている。

お客さま相手の営業は、
モチベーションを維持させるのに、エネルギーが必要だから、
私は、ほんとうに無理しているのです・・。



元気じゃなくてもいいよ、って、

そう言ってくれる人と一緒に働きたいなぁ・・。
別窓 | 愚痴ってます | コメント:16 | トラックバック:0 |
バーチャルな世界で
2013-09-16 Mon 20:20
わが家で、いまや無くてなはらない存在のゴン

ぶすかわ~ゴン♡
ぶすかわ~

りりしいゴン^^
りりしい

ゴンは、トモヤの誕生日の1月5日に、
生後2カ月でやってきた。

夫はゴンのことを、
「トモヤからのプレゼントだと思っています」
と、ヒトに話している。


いままでトモヤのことは一切口にしなかったのに、
夫も、そんなふうに言えるようになったんだなぁって、
なんだか泣けてくる。


私のように、
本をむさぼったり、霊視にでかけたり、
貪欲にトモヤを探さない夫。

悲しみをどうやって昇華させてきたのだろう・・、
そう思うと、男ってたいへん



先日、夫のブログを偶然みつけた。

トモヤがいなくなる前から、マニアの間では楽しく盛り上がっていたようだ。


2010年8月末、
「都合でしばらくお休みします。
でも、必ず戻ってきます。みなさん待っていてください」
とあった。


私はトモヤがいなくなって5カ月して、
悲しみを吐き出すために書き始めたけれど、

ずっと明るいネタで書いてるブロガーは、
ファンのためにも、露骨に悲しみを書けないでいるのだと思う。


夫のブログ。

バーチャルな世界で、夫は悲しみから逃避していたのか。


いや、そうではないと思う。

365日×3(年)。
毎日、写真のトモヤと一緒にビールを飲む。
トモヤのいない外食はしない。
(夫は、家族と出かけないのです)

そして、悲しみを抱えながらも、
あえて、楽しいブログを書いている夫。
いっさい、トモヤのことは触れていない。


そんなふうに、
トモヤを供養していく形もあっていいのだと思う。


バーチャルな世界では、きっと、
トモヤはずっと生きていて
夫は、そうやって、自分を支えてきたのだろう。

父親って、なんだか少し気の毒だなぁ・・。
別窓 | 家族 | コメント:8 | トラックバック:0 |
鉄拳さん「約束」
2013-09-10 Tue 21:40
お笑いの鉄拳さんって、すごい人だったんですね。
人は「魂が本質」だと、知っているんですね。

未来の赤ちゃんが、死のうとした女の子を助けた話や、
亡くなった老夫婦が、若いころの姿になって、あの世でしあわせになる話や、

こんな「約束」という動画があります。


youtube 鉄拳「約束」へ
「約束」のワンシーン

5分くらいなので、ぜひ見てほしいです。



ピンクのカスミソウ

今朝のテレビでやっていました。
仕事前にぎりぎり見れて、
朝からあったかい涙でいっぱいになりました 
別窓 | 素敵な音楽 | コメント:20 | トラックバック:0 |
季節がめぐっても
2013-09-08 Sun 21:16
今日は日曜出勤の日。
帰りの夕日の美しさに心がざわざわして運転してると、
涙がはらはらと流れ落ちた。


季節の変わり目に、
こうして、私の心はざわつく。

あちこちで、木の芽が現れる
誰もがわくわくする春の訪れも、

初夏のさわやかな風を感じたときも。

日の暮れが早くなり、真っ赤な夕焼けに包まれたり、

木の葉がカサカサと地面を舞うようになり、
頬をさわる風が、冷たくなる冬も。


季節がめぐっても、トモヤがここに戻ることは無くて、
そんなことはわかっていても、

いつもいつも、
心がぎゅっと痛くなるから、
溢れる涙をぬぐいもせずに、じっと我慢している。

心は、
黙ってたった一人で逝ってしまったトモヤのもとへ。


これ以上、トモヤを悲しませたくないのに、
私の気持ちより、身体が勝手に反応してしまって、
涙は流れ落ちる。

「おかあさん、ごめん!ごめんって!!」
って、私の隣で、トモヤは謝っているのだろうか。

天界でのトモヤ・やさしい表情です・・・


「いのちの波動」の大空さんは、
天に還ってしまったときは、現世のことを過ぎ去った光景として、
そんなに気にならないのではないかとおっしゃっています。

以下、大空さんからいただいたメッセージです。

『私は旅行するとき常に感じることがあります。
出発まではあれこれと家のことが気になるものです。
でも旅に出てしばらくする とそういう懸念は消え失せています。
今目の前にあるものに興味の対象は移ってしまうのです。
死後の意識の経過は恐らくそれに似た経過をたどるのではないかと想像しています。
個人差もあるでしょうが人は自分が今関わっている世界に意識の焦点を合わせています。
過ぎ去ったことは次第に脇に追いやられてしまうものです。
そうしないと新しいものを吸収出来ません。

ともや君はこの世にいた時より一段高いところから物事を見ているはずです。
そして彼はパワーを持った子だと思います。』


きれ~い^^
アメンバーぐるっぽのmoonlit-night111さんの作品

トモヤが、いっぱい後悔して、
涙が枯れるくらい泣いて、
十分、反省して、

そして、
自分の住む世界に焦点を合わせようとしているのに、

守ってあげるべき母親の私が、
こっちでのトモヤの人生を見れない寂しさを、
自分勝手な寂しさを、悲しんでいる。



ほんとうに。

もう。

こっちでの人生は終わったんだね。


今日は、ちょっと涙とまんないけど、
大好きだからだよ。
ごめん。
別窓 | つぶやき | コメント:18 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR