FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
拍手コメントありがとうございます
2013-12-30 Mon 00:17
いただいた拍手コメントを、記録させていただきました


くみママさん
こんばんは。始めまして。私は、先日2月8日に 19歳の息子をバイクの事故で亡くしました。息子は大学1年になり、青春を桜花していました。共稼ぎの両親に代わって妹達の面倒をよく見てくれる 優しい優しい息子でした。友達思いの優しい息子でした。あの日も深夜にもかかわらず友人に誘われ バイクで家を出たのです。その10分後ゆるやかなカーブで転倒し、ガードレールにぶつかり・・・愛する彼女、友人、家族・・・皆を置いてあの世に行ってしまいました。あの時、外出を止めていたら・・・車を欲しがっていたのに買ってあげていたら・・・と自分を責め・・・。誘った友人や歩行者を責め・・・。仕事人間だった主人を責め・・・。涙はかれる事はないとわかりました。毎日毎日泣いてしまいます。高校1年と小学5年の娘の目の前で 涙が急に溢れて時には大声で泣き叫ぶ事もあります。こんなに辛い日々がいつまで続くことか・・・。よいアドバイスありませんか?


ほのかさん
何度も読ませていただいているのですが、どうしてもおかけする言葉が見つかりません何を書いても薄っぺらでTTこの先どうなっていくのかはわからないけれど、もう少し進んでいけば、きっとまた彼の魂と会える気がします。だからできるだけ、上昇する波動に乗っかって、新しい地球とともに、次の時代へ行きましょうね。魂の成長のために、いったん別れを告げたのにそのせいで上昇しそびれたら、きっと彼にとってそんなに悲しいことはありませんから。文章を読んでいて、きれいごと、と書かれていたので、ついつい余分なことを書いてしまいますが、すべてはひとつ、と感じるのは、個の意識ではない、「俯瞰した状態での意識」の上での感覚だと思います。「慟哭している」のは「個」の意識なので、スピリチュアルでよく言われる、「映画の中の登場人物」の意識です。だから個の意識の状態で、彼の魂は別物である。大切な何にも変えがたいものである。これも正解だと思います。そしていやなことをする他人は、自分の心の中のクリアできていないところを映す鏡なのだそうです。心屋仁之助さんもわかりやすいですよ~♪


阿部マリアさん
わたしも同じ体験をしました。お気持ちが分かります。息子さんはいま、天国で幸せに満ちた生活をしています。ご安心ください。


ななさん
こんにちは♪ブログを読んで涙でぐじゃぐじゃになってるななです(笑) ともやくんのお友達、ともやくんのこと本当に大好きだったんだなぁって、いくつものエピソードを読んで心が温かくなりました。三回忌、きっと素敵な時間になりますね。お体に気をつけて、準備してくださいね(^^) なな


光乃ゆらさん
息子を亡くしてから私の友達関係が崩壊しました。この記事のMさんのような方が、私の周りにもいたら良かったのにな、と思いました。


ショウさん
うちも同じでした。枕元にこっそりプレゼントを置いて、次の日子供達が驚く顔を見るのが楽しみでした!小学生まででしたが・・・今はクリスマスも悲しく寂しいものとなってしまいました。今日は息子の月命日、主人とお経をあげました。もう早、1年と5ヶ月、生きていれば24歳、友達とカラオケで忘年会をしていたと思います。ホントあの子に逢いたい、ただそれだけです。


まねき猫さん
ねこうさぎさん寂しくて苦しくて、逢いたくて…でも、息子は悲しませちゃってごめんね…って、思っているんですよね。だから、私たちもしっかり生きなくちゃですね。きっと、誰よりも応援してくれているんですよね。まだ、時々うずくまっちゃいますけど…ありがとうございます。鮭の酒蒸し、作ってみます。梅醤油、さっぱりして美味しそうですね


ともなおさん
子供に教えられることや学ぶことたくさんありますよね。私も子供たちと一緒にまだまだ成長しなければならないな・・・。将来、二男さんのように言ってもらえるように、私も身を引き締めて頑張りたいです(・◇・)


ゆきさん
とても良い日記ですね。自責で苦しんでる方々が少しでも、気持ちを変える事が出来るかもしれませんね。と、言ってる私がとても苦しんでます。でも、この日記でねこうさぎさんは、トモヤさんの心理状態をいっぱい知りたい、と沢山努力された結果、そこに行き着いたのかな~私も、ちゃんと向き合わなきゃな~とは思ってるんですが。とても良い日記を有難うございます。昨日はとてもキツくて。まだまだズルズルしてしまってます。


まつさん
私も今毎日がとてもとても辛くて。いっそ自分がいなくなったほうが皆幸せになるんじゃないかとか、自分が生きてるから迷惑かけてるんじゃないかとか色々考えて…。でもブログを読ませてもらって、大好きで大切な母を絶対に遺しちゃいけないと勇気を奮い立たせています。


ともなおさん
ねこうさぎさん、お久しぶりです~。試験お疲れ様でした!ひとまずホッとしましたね~(^o^)ゆっくり休んでください。


美奈子さん
私も2年前に18歳の息子を突然の事故で亡くし一周忌に自殺未遂まで起こしてしまいました今だに心は息子に会いたいばかりの毎日を送っています誰にもこの心は理解してはもらえません


静さん
おはようございます。 トモヤさんきてくれたのかな~。 きっと伝わっていますね。 瞑想…。難しいです。色々な想いが。 せっかちで慌てん坊の私には、無理だと…。大空様のブログ拝読した時に思いました。 座禅しても…中々…。 静ちゃんは、名ばかりで~ガヤガヤドタバタ母さんなので…。でも私も娘を感じたいです。手のビリビリは、日常なので、わかりません。


ビオラさん
ねこうさぎさんのブログを読んで、同じように学びへと入っていった境遇の方も多かったと思います。お疲れ様でした…!(*^_^*)ねこうさぎさんの霊性は間違いなく向上したと思います。それって凄い事ですよ!この辺で一区切りつけようかな…。そんな簡単なもの(感情)じゃないですからね。頑張りましたよね…!!!!これからもたくさん泣いていいんですよー。でも涙が出ない時は楽しんでも、いきましょうねvご縁にとっても感謝してます。良かったらまたメールしてくださいね。私もします。追伸:こじろうちゃんのお悔やみを心から申し上げます。ビオラ (*^_^*)


ペリドットさん
はじめまして私も19歳の息子を自死で亡くし、先日一周忌を迎えました。何も記憶に残っていない、あっという間の一年でした。『元気そうに見えても、自分の中の全てがあの日から変わった…』ねこうさぎさんと同じです。私はまだこれから先どうして生きて行けばいいのか分かりません。ただ毎日をやり過ごしています。他の多くの読者さん同様、私もねこうさぎさんに感謝の気持ちををお伝えしたくてコメントさせて頂きました。私は、まだまだブログの読者を卒業出来そうにありませんので、これからもちょくちょくお邪魔させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。


ゴロゴロさん
たくさんの方が心配してくれて、嬉しいですね私も同じ気持ちを拍手と共に送りますまたね


カモミールさん
ねこうさぎさんこんばんは私は 季節だけでなく全てのことに無関心になってしまいましたたぶん今まで季節の行事や 周りの方とのお付き合いをきちんとしなければと思ってたきたからなのかもしれません 今はできるだけ自分に正直に日々を過ごそうと思っていますそれは 家族でも自分の親でも こんなにも気持ち (心)の違いを感じたからです自分で決めてきた人生なら夢の中ででもいいから どんな覚悟で息子と決めてきたのか観ることができたらいいなぁーなんて 毎晩 覚えていられる様な夢にしてね!と話しかけているのですが なかなか無理そうです ブログ再開してくださって有難うございます お料理上手なねこうさぎさんのレパートリー色々教えて下さい


カモミールさん
こんばんは いつの日かまたブログ再開してくださいね。 私はまだまだですが 天国の子供達の為にも自分自身の為にも凛として生きていきたいでね!ねこうさぎさんの優しくてあたたかいメッセージ大好きでした。お身体大切に心穏やかにお過ごしくださいね。

スポンサーサイト
別窓 | ご挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0 |
完全に閉じます。ありがとうごいました
2013-12-29 Sun 13:18
たくさんの方に、励ましのコメントやメールをいただきました^^
落ち込んでいた私ですが、支えられているんだ!って思えたら、
急に元気が出てきました。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

再開してくださいとのお言葉もいただきましたが、
12月31日をもって、完全に封印することにしました。


まだ読んでみたいと言ってくださる方、
すみません、そして、ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ


私の大切なトモヤが、向こうの世界で困るといけないので、
どうか、ご理解ください。
純粋な清い魂が、恐ろしい言葉でけがされたくないのです。


自死を「親不孝ではない」と私が考えるのは、親だからこその、想いです。
世間一般は、親不孝と思うにきまっています。

だから、その方が、
一般的なご自分のブログの、「90%が親不孝と言っています!」
とおっしゃるのは、当然のことでしょう。
そんなことはどうでもいいのです。

これ以上苦しまないように、
せめて親くらい認めてあげたいと、私が思っているだけです。



でも、
コロッケの食べ方を、いちいち
「ソースが美味しいよ、ケチャップじゃダメでしょ」
と、私が言うことではなかったのです。
ボヘミアンままんさんから気づかせていただきました)


訪問してコメントくださった方たちに励まされて、
私も楽しかったです(*^^*)


今年最後の、12月31日の除夜の鐘とともに(?)、閉鎖します。

ほんとうにありがとうございました。

ねこうさぎ
拾ってきたばっかりの「こじろう」♀

春になったら、犬のブログで再開しようかなー
いや、韓国ドラマかも
ハンドルネームは変えませんからネ
別窓 | ご挨拶 | コメント:45 | トラックバック:0 |
しばらく、おやすみします
2013-12-28 Sat 01:32
一年が終わろうとしています。

子どもと逢えなくなった親は、
お正月などの節目ごとに、心が乱れ、
平常心でいられなくなります。

自死を許してあげることは、
子どもが旅立ったことを美化することではなく、
自分自身でも苦しんでいる子どもに、
これ以上苦しんで欲しくないからです。


私は、子どもがいなくなって、
後を追おうとした、ごく普通の母親です。
息子の死が受け入れられず、苦しくて悲しくて、
自分が許せなくて、泣いてばかりいた、
当たり前の母親です。

「あなたが苦しむと、トモヤさんも苦しいのよ」
「反対にあなたが嬉しいと、トモヤさんも嬉しいの」

華蓮さんの言葉で、
トモヤのために、せめて私にできることがあるなら、
してあげたいと思いました。

以前も書いたように、まず、振りから入っていくと、
私の場合、少しだけ進み始めます。
(例えば、掃除とか面倒だなと思っていても、
掃除した振りをしてると、いつの間にか、真剣に掃除してるってわけです)

でも、
こんな自分を意識づけるつもりのブログが、
いつしか、同じように悲しんでいるお母さんの助けに、
少しでもなれば・・と思い上がってしまいました。



「仕返し」

こんな怖い言葉を聞くことになってしまうとは、
夢にも思わず、自分の気持ちを書いていました。

この言葉、すごく、怖いです。
私に何度もメールをくださって、
とても仲良くしていたのに、突然、こんなふうに。

ブログの記事(子どもを亡くすことを決めた母)が、傷つけてしまったようです。
傷つけないように、言葉は選んだつもりでした。
私が、浅はかだったのです。

その方は、もう私のブログは読まないと言いましたが、
わからないです。
少しでも、読む可能性があるなら、閉じてしまおうと思います。
とても、怖いので。

急にすみません。

いままで、助けてくださったみなさん。
ありがとうございました。

          
          ねこうさぎより

別窓 | ご挨拶 | コメント:32 | トラックバック:0 |
子どもを亡くすことを決めた母
2013-12-25 Wed 21:10
私、子どもを先立たせることを、決めて生まれてきた・・、
そう思っています。

そらと木


こんな悲しく寂しく、切ないことを決めてきた、自分が恨めしいです。


でも、もし。


「ぼく、20歳くらいでここ(天)に戻ってくるんだけど、
子どもを先に還すことって、悲しいでしょ。
お願いがあります。
ぼくのお母さんになってくれますか」

って、生まれる前の計画で、
もし、トモヤに頼まれたら、

「わかったよ。がんばってみるね」
って言ってあげたと思います。

モクレン


私のこの気持ち、
「きれい事を書いている」と、
苦しい真っ最中のお母さんは、いやになるでしょう。


私は、この世の現象に対して感じること、
「しあわせ」とか「くるしみ」とかは、
自分の心が決めていることだと思っています。
同じ現象でも、受け取り方は人それぞれですから。



自分がイメージしたように、この世は動いていく気がします。


だから、
「トモヤはいま、やさしい気持ちでいるんだろうなぁ」と思っていると、
だんだんとトモヤは、
穏やかで、やさしい気持ちでいられるようになっていくと思うんです。

私の願いというか、思いが、イメージどおりに具現化するのです。
私たち、この世に生きている母が、
子どもの幸せを強く強く願えば、
きっと、思いは通じて、あちらの世界も変わっていくと思っています。


例えが下手なので、うまく伝えられませんが、
「どうして、こんな人生を歩いているんだろう」
と嘆くと、
嘆いたようになっていくのではないかな・・。

じゃあ、
「子どもが先に還ったのは、私が望んだことだというの?」
と言われると、悲しくなりますが、
そうではなくて、
「先に還ってしまう子どもを、丸ごと受け止めてあげたい」と、
望んだ人生だったのではないかな・・。


やさしい香りの石

誰かに教えられたことはでなく、
自分で勝手に思っていることですので、
不快に感じられた方、申し訳ないです
別窓 | つぶやき | コメント:30 | トラックバック:0 |
いのちの記憶
2013-12-24 Tue 22:23
明日、大学4年生の次男が、東京から帰ってくる。
一緒に「かぐや姫の物語」を見に行ってくれる約束^^

次男は、今までは私と一緒に行動してくれない子だったけど、
トモヤが旅立って、「おれが、後を受け継いだ!」と、
決めているのかもしれないなぁ。

いのちの記憶


「いのちの記憶」

遺伝子の中に眠る「いのちの記憶」について歌った曲です。

トモヤは、天からの帰還命令で、還っていった若き勇士
私たちの息子たちは「かぐや」なんだよ!と、教えてくれたMさん。

トモヤはかぐやなんだ。
かぐやなんだって思ってきたのに、
ジブリさんがかぐや姫の物語をやってくれる、この感激^^


必ず また会える 懐かしい場所で



「いのちの記憶」
あなたに触れた よろこびが
深く 深く
このからだの 端々に
しみ込んでゆく

ずっと 遠く
なにも わからなくなっても
たとえ このいのちが
終わる時が来ても

いまのすべては
過去のすべて
必ず また会える
懐かしい場所で

あなたがくれた ぬくもりが
深く 深く
今 遥かな時を越え
充ち渡ってく

じっと 心に
灯す情熱の炎も
そっと 傷をさする
悲しみの淵にも

いまのすべては
未来の希望
必ず 憶えてる
懐かしい場所で

いまのすべては
過去のすべて
必ず また会える
懐かしい場所で

いまのすべては
未来の希望
必ず 憶えてる
いのちの記憶で
別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 |
過去記事を読んで
2013-12-23 Mon 01:24
過去記事に拍手をしてくださる方、
ありがとうございます^^

毎日、拍手を必ず確認しています^^

気ままに思いつくまま気持ちを書いていますが、
拍手をいただくと、
「それでいいんだよ」って言ってもらえてるようで、
とても、うれしく思います^^


昨日も、たくさん拍手をいただいたのですが、
トモヤが天に還って、まだ一年にならない頃の
「泣いてばかりでごめん」と、
2年経った頃の
「自死を許すこと」では、
すこーし、進めてるかなって気がします^^

最近、犬のブログなのか、料理のブログなのか、
なんだこりゃって感じになってきましたが、
ブログを書いたのは、
自分の感情を、どう扱ってよいのかわからず、
吐き出すことで、気持ちを鎮めたかったことと、
トモヤを忘れたくないという思いからでした。

そら

たくさんの方に励ましていただいて、
3年過ぎたいま、ほんとうに苦しみは無くなったように思います。

寂しさと悲しみと、そして、たくさんのトモヤへの想い。
このままずっと一緒に。
ずっとトモヤの記憶と一緒に、私が還るその日まで大切にします^^
別窓 | 気づきと学び | コメント:12 | トラックバック:0 |
国境なき医師団さん
2013-12-22 Sun 20:00
「国境なき医師団」さんの活動は、
ほんとうにすごくて、
活動されるお医者さんたちは、
生まれる前にたくさんの愛を抱えてきたんだなぁって思います。

国境なき医師団
画像はお借りしています

私は、自分の生活が精いっぱいで、
なにも活動できず、情けなく思います。
せめて支援だけでもと、ささやかな寄付をさせてもらっています。

子どもたちが小さい頃、
ルーマニアのエイズの子どもたちに、
お菓子やオモチャ、コートなどを船便で送り始めて、
それからです。
愛や、やさしさについて考えたこと


今は、国境なき医師団さんの応援をさせていただいてますが、
この活動報告を読むたびに、

こんなふうに、
「人命が尊重されていない国で暮らしている子どもたちがいる」
現実が、
私の悲しみを「しあわせな悲しみね」と言われているようです・・。
(私が勝手に思っていることです)

みんな大切な子どもたち💛
画像はお借りしています

霊界では、日本に生まれたがっている魂は多いと聞きました。
戦場になる国に生まれてきた、勇敢な魂たち。

やさしさや思いやりは、もっと違う形で表現したいのですが、
行動できない自分が、恥ずかしいです。

恵まれた国に生きている私たちは、
もっと知るべきことがいっぱいありますね。
別窓 | 気づきと学び | コメント:0 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい | NEXT

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。