FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

自分の人生をスタートしようね
2014-03-04 Tue 18:00
「暴れてもおかしくないくらいの、トラウマがあるんです。」

「踏江さん」のお言葉です。

今日は、冬休みをもらって、
個人セッションを受けてきました。

兄弟の縁は、親子の縁とはまた違った、
深い絆があるのだということです。

親子よりも、ずっと長く一緒にいますもんね・・・。

今回、個人セッションを申し込んだのは、
とうぜん、トモヤの様子を聴きたかったはずなんですが、
今日、急に、次男と三男のことを尋ねてしまいました。

正解でした。


私は、悲しみとしっかり向き合ってきました。
だから、少しずつですが、悲しみを昇華しつつあります。

でも、子どもたちは衝撃が大きすぎて、
認識したくないと、身体が自己防衛をしてしまうようです。

自分が、どう生きてきたのか、
どう生きていけばよいのか、
考えられなくなるんでしょうね・・。

はじめのころ、私が泣いていたから、
自分たちの悲しみを閉じ込めてしまったのでしょう。


最近、次男がポツンと言ったひとこと。

「大学を一年からやり直したいな」

入学して5か月経った夏休みに、
兄が自死して、
次男はそこから時間が止まったままだったのです。


友達も作らない。
サークルにも出ない。
アパートで本を読んでるか、ゲームをしているか・・。

3年生になった時に、
このままでは生きたまま死んでいると思って、
バイトを勧めました。

そしたら、少しずつヒトとの係わりを持てるようになってきました。


あと一年、東京でがんばらなくてはならない。

「トモヤのことを抱えたまま、よくがんばったね。
これからは、自分の人生をスタートしようね」


さくら

1時間半のセッションで、書いたメモ帳は11ページ
踏江せんせい、ありがとうございました^^
スポンサーサイト



別窓 | 家族 | コメント:4 | トラックバック:0 |
少なくとも魂は、無傷です
2014-03-01 Sat 22:25
アイイス会長さんのブログを教えてもらいました

アイイスは、「国際スピリチュアリズム協会」って言って、
ミディアムさんが、ヒーリングや霊界通信などをしています。

心にぐっとくる内容があったので、ちょっと、転載します^^


↓以下、開堂 慈寛さんのブログより
若くして亡くなった魂の中には、霊性が高い魂が多く、
すぐに指導霊として活躍し始める魂が大勢いるのだ。

その場合、死因はあまり関係ない。
早く光の世界へ還らなければならないことだけは確かだ。

一つだけ確かなことがある。自殺や事故死が、
死んでいく魂にとって、
必ずしも残酷な死に方とは限らない。

少なくとも、魂は無傷である。



あなたの子は、きっともう立ち直っています。
自分の死のことは、悲しんではいません。


ゆきやなぎ・・まだ咲かない・・・

子どもを亡くしたことのない人の言葉は、
少し、受け入れにくいことも確か


でも、私はこれは真実だと思ってるのデス^^


自死をした子ども達の共通するところは、

ずるいことができない
ものすごくやさしい
心が(魂が)きれい

なんですよね・・。


逢いたいよー
別窓 | つぶやき | コメント:4 | トラックバック:0 |
| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR