FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

You Were Born To Be Loved
2013-05-12 Sun 00:30
お友だちと、「天上の音楽」のコンサートに行ってきた。

天上の音楽

エンディングノートを彩る魂のやすらぎ・・・ということで、
終末医療に関わっておられる方々の心のケアと、
音楽家の演奏、美しい映像で、私の心に響きわたる。

涙があとからあとから溢れてくる。


祈りと音楽に共通するもの。

それは神と人間をつなぐ、ということ。

リュートピア

You Were Born To Be Loved
(君は愛されるために生れた)

君は愛されるために生れた

君の生涯は愛で満ちている

君の存在がわたしには

どれほどおおきな喜びでしょう

君は愛されるために生れた

今もその愛 受けている


2d3ba904[1]

私はとてつもない悲しみを体験した。

でも、そのことで、大きな愛も知ることができた。

息子がこれほどまでもかけがえのない存在であることに、
失うまで気がつかなかった愚かな母親。

ずっと元気でいることを信じて疑わなかった愚かな・・。

You Were Born To Be Loved・・・・。

これからも、ずっと。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 気づきと学び | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<お天気で嬉しい~ | トモクライム 逢いたい | 夢で逢えますように>>
この記事のコメント
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-12 Sun 01:15 | | #[内容変更]
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-12 Sun 02:20 | | #[内容変更]
[1:15の鍵コメさんへ]
鍵コメさん、こんにちは。

ソプラノの音域は、天界が見えてくるようなんです。
すごく清らかな気持ちになって、涙が流れます。

> エンディングノートを彩る魂のやすらぎ
> 君は愛されるために生れた
> このメッセージでも胸が詰まります

ほんとですよね。
私もこの曲では、どうしようもなく切なかったです。

子どもたちの人生は、
こちらと向こうを含めて今世だと思うようになりました。
だから、愛されるために生れて、それはまだまだ続いていますねi-265
2013-05-12 Sun 14:11 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[2:20の鍵コメさんへ]
鍵コメさん、こんにちは。

悲しみを体験するということ、
それって「愛があること」が前提なんですって。
ゆるがない愛がないと、きちんと悲しみを受け入れられないんでしょうね。

> 亡くして初めて大切な宝物だった事に気が付きました。
> 早く逢ってとにかく謝りたいです。

ほんとうですよね。
こんなに大切だったなんて、こんなに愛しかったなんて。

子どもたちには気持ちが伝わってるので、
お母さんが謝ってることもわかっていますよね。
返事がもらえたらなぁ・・って思いますネi-265
2013-05-12 Sun 14:16 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-06-30 Mon 18:22 | | #[内容変更]
[鍵コメさんへ]
鍵コメさん、こんばんは。
過去記事にコメントありがとうございます^^

> 何故にここにいるかと言えばまた行きつ戻りつツアーしてたからです(^^)

ほんと。
そんなときもありますよね。
子どもたちは、海外に行っているみたいな感覚で、
普段はあまり「いない存在」があまり気にならなくなっていますけど。
でも、ふと、とてつもない「後悔」や「自責」が
襲ってきたりするんですよね。

>最近、正観さんの本読んでます
> 次男さん、同じ大学でしたか

正観さんの本は、心がやさしくなりますよね。
そうなんです、次男と同じ大学で。
すごおーいなぁとi-80

>ここから先は神の領域、娘に任せます

うん。そうですね。
私たちは親だけど、もう向こうの世界にいる子どもたちにはかないませんi-201
安らかにいてほしいと願うばかりですネ。
鍵コメさん、いつも、ありがとうございます^^
2014-07-01 Tue 23:54 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR