FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
僕の分まで生きてほしいとあの世で願う
2013-11-01 Fri 23:21
2011-02-14 Mon 22:02
悪性リンパ腫か、急性骨髄性白血病のどちらかで、
闘病していらしたwestさんからコメントをいただいていました。
【westさんコメントはこちらです

「年齢は違いますが、僕もまだ30歳。両親は顕在です。
今もきっと心のどこかで私のことを心配して過ごしています。
あまり考えないようにしていることですが、
私が亡くなった場合(この病気になって死については少し頭にあります)
両親、兄弟、妻、友人などの悲しみを僕は想像することはできません。

ただ、みんなには、いつまでも、くよくよとして欲しくない、
乗り超え、僕の分まで生きて欲しいとあの世で願うことでしょう。


ともや君と僕は違うので当てはまらないかもしれないですし、
僕はまだ生きているので説得力には欠けますよね。
ねこうさぎさんに、ものすごい失礼なことを言ってしまっているかもしれません。
気に障ったらごめんなさい。」


2d3ba904[1]

westさんは、昨年、天に還りました。
(奥様がブログで報告してらっしゃいました)

つらい治療もがんばっておられました。
いまは、痛くないあったかいところで奥様を見守ってるのかなぁ・・。


「みんなには、いつまでも、くよくよとして欲しくない、
乗り超え、僕の分まで生きて欲しいとあの世で願うことでしょう」
という、westさんのコメントを今朝みつけ、
亡くなった人はみんなそうなのかな・・・って、思いました。

westさん、ありがとうございます。
あなたの言葉が、私の胸に沁み入ります。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ゴンちゃんの、「うん?」 | トモクライム 逢いたい | 泣いてしまってごめんね。>>
この記事のコメント
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-03 Sun 00:23 | | #[内容変更]
[]
ねこうさぎさん、
若くて優しい魂たちが、
あの世で遺された私たちのことを案じているのでしょうか。
もう何も気にせず、魂の世界で友達をつくって、
次のステージに向かって進み始めていてほしいです。
生きていたとき、あまりにも優しくて、
いつも自分は後回しな感じだったので、
もう何も気にしなくていい。
安らかでありますように。
ただそれだけを祈ってます。

寒い季節が近づいてきて、
誕生日、最後に一緒に過ごしたお正月、
会社に来ないと連絡があった日、
探しにいって、雪で動けなかった日、
そんな日から一年がたち、
そして一周忌がきます。
どう過ごしたらいいのか自分でもわかりません。

優しい魂さん、
早く迎えに来て。
そう願っていることくらい、大目に見てね。

どれだけ時間がたっても、
胸の中の悲しみの固まりはあの日から変わりません。
平均寿命まであと30年以上。
無理です。
息子の魂とともに生きていく、
そう自分に言い聞かせて、
表面上あまり悲しみを見せずに仕事も休まず、
ここまできましたが、
本当は、悲しみを抑えていることに、
疲れ果てているかも。

ごめんなさい。
誰にも言えず、ねこうさぎさんの優しいブログに
思い切り悲しいって書かせていただきました。
2013-11-03 Sun 20:53 | URL | ひろまま #-[内容変更]
[鍵コメさんへ]
鍵コメさん、こんばんは。
こんな時間になってしまってi-201

みんなおんなじですね^^
頭ではわかっているんですよね。

> そしてその時はwestさんと同じ様に家族に伝えるでしょう

きっと、こどもたちも、私たちが自責の思いで泣いているときは、
ものすごく辛いと思います。
これ以上、向こうにいってまで苦しませたくないですね・・・。

> ひとつ乗り越えたらまた娘に会える日が近づきます
> まだ乗り越える準備が出来てないのでもう少し頑張ります(^^)
> ねこうさぎさんありがとう!

はい、こちらこそありがとうございます^^
ゆっくり歩みましょうね。
悲しみを抱えたままですもん、少しずつですi-265
2013-11-04 Mon 01:39 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[ひろままさんへ]
ひろままさん、こんばんは。
お久しぶりです^^お変わりありませんかi-265

> 若くて優しい魂たちが、
> あの世で遺された私たちのことを案じているのでしょうか。

ひろさんは、「お母さん幸せになって」とメッセージを残してくれたんですよね。
きっと、自分のことより、ひろままさんのことを案じているんだろうなぁって、
そんな優しさを感じます。

> そんな日から一年がたち、
> そして一周忌がきます。
> どう過ごしたらいいのか自分でもわかりません。

そうなんですね・・。
一年という月日は、現実を受け止めること、悲しみを受け止めること、
まだまだぜんぜん時間として足りないと思います。
さみしさは強くなるばかりかもしれないですよね・・。

> 表面上あまり悲しみを見せずに仕事も休まず、
> ここまできましたが、
> 本当は、悲しみを抑えていることに、
> 疲れ果てているかも。

ひろままさん、わかります・・。
2週間で仕事に復帰し(私もそうでした)、普通にしていると、
悲しみを昇華したと、周りは思ってしまいますよね。
こんなにも終わりのない悲しみを抱えて生きていること、
誰も気が付かないんですよね・・。

悲しいんだって、聴いてくれる人がいるといいですよね。
私も親兄弟・友人は、もう無理ですi-241
同じ体験した人じゃないと、理解できないんですよね・・。

ひろままさん、息子さんとは夢で(霊界で)逢っているはずです。
そのことに意識を向けて、なんとか、その日まで生き切りましょうねi-265
2013-11-04 Mon 02:03 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。