FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
葬儀はトモヤの披露宴
2013-11-23 Sat 22:22
「いのちの波動」の大空さんが、「葬儀で大切なこと」で、
葬儀の本質を説いていらっしゃいます。

読者の方が、
「立派になくなった妻を自慢したかった」
とコメントされていらっしゃいました。

あぁ・・私も、そうだなぁ・・。


トモヤはあっという間にお通夜・葬儀となって、
なにも準備する時間がなかったけれど、
トモヤを生まれた時から書き続けた育児日記と、
高校野球のパネル。(新聞をスクラップしたものと、県大会のもの)
イベントごとにまとめてあったアルバム
これらは私の宝物で、まるでこれを予感していたかのように、
トモヤのはしっかり作ってあったのです。


そして、アークベルさんが作ってくださった挨拶状。
(担当の方が、作成してくれた文章です)

「息子がお世話になった皆様へ 深く感謝申し上げます」

親の目から見た息子は、元気で明るく、心優しい子に成長しました。
ユニフォームが汚れるのも構わずにグランドを走り回り、
白球を追いかけていた野球少年も、今では大学生。
チームのキャプテンとして、周りにも目を配りながら頑張っていたことでしょう。
夏の甲子園をテレビの前で観戦していた姿や、
「将来、野球を教える側になれたら」と希望を口にしていた面影が、まぶたに浮かぶ今は、
息子のいない現実が信じられなくて、呆然とするばかりです。

長男 〇〇 トモヤは、平成22年8月27日、20歳の若さで尊い生涯を閉じました。
「子供に先立たれるのが 最大の不幸」と申します。
今はこの悲しみが癒える時を静かに待つばかりですが、
息子の20年間の頑張りに負けぬよう、残された家族で歩みを進めてまいります。

共に泣き、共に笑ってくれたお友達や、息子を導いてくださった先生方、
ひとかたならぬご厚情を賜りました皆様へ深く感謝申し上げます。



モクレン


この挨拶状を読んだときは、正気でいられませんでした。
こんなことが現実なのか、これは何かの間違いだ!と、
泣き崩れました。

でも、私は必死でした。

トモヤがみじめな思いをしたらかわいそう。
トモヤはこんなにみんなに可愛がられ、元気で明るく、がんばりやなこと、
ものすごく大事な息子であること、いっしょうけんめい生きてきたことを、
伝えなければいけない・・・!

それだけをエネルギー源にして、
葬儀を終えたといっても過言ではありません。

私も、トモヤを自慢したかったんですね・・。
結婚式はもうできない。

葬儀は、トモヤの披露宴だったんです

うつ伏せ寝💛かわいすぎ!お手々もしまいこんでる^^
ゴンちゃん、お昼寝。
お手々をむぐして、うつ伏せ寝^^

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | トモクライムのこと | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<楽になりたいと思っていないのでしょう・・ | トモクライム 逢いたい | なにやってんだろ、ワタシ。>>
この記事のコメント
[]
一年前を思い出しました。
昨年の11月23日亡くなりました。
早目の3日に一周忌はすませましたが、
22日、23日が辛かったです。

去年の今頃は学校にいたんだ。
去年の今頃どんな思いで帰宅したのか。
去年の今頃どんな思いで1人で部屋にいたのか。

戻せるなら戻したい。
あの日がくる前に。

すみません、ねこうさぎさんにこんな思いを言って。
ねこうさぎさん、素晴らしいですね。
育児日記をつけていたんですね。
私は長男が病気がちだったもにで、
全くあの子はほったらかしでした。

寂しかったんだと思います。

どれ程の思いで、ねこうさぎさんも
私の先を歩いてきたのか…

わたしも見習って、あの子に褒めてもらえるように
生きていきます。

ねこうさぎさん、いつも有難うございます。
2013-11-24 Sun 14:26 | URL | ぽんかんママ #-[内容変更]
[]
本当に素晴らしい挨拶状ですね。
トモヤ君のお人柄が偲ばれてご家族の愛もいっぱい感じられて・・・。
そしてそれを読んだねこうさぎさんの気も狂わんばかりのお気持ちも、必死に頑張る姿も自分のことのように分かります。

私も同じ想いでした。
亡くなってから今に至るまで支えてくれているのは、我が子の事を否定したくない自慢したいその想いです。
どんなに我が子が愛されていたか皆が愛していたか。
ねこうさぎさんのブログを読むと、本当にトモヤ君の愛すべき人柄が感じられます。
家族や大勢の人たちにどんなに愛されていたか。
そして自分の人生を真面目に一生懸命に生きた姿を。
それを生きた証として伝えるのが、子を先に送ってしまった親の生かされている意味なのかもしれないですね。

ゴンちゃんもう可愛すぎる!
2013-11-24 Sun 20:22 | URL | キャラメル #-[内容変更]
[ぽんかんママさんへ]
ぽんかんママさん、こんばんは。

そうでしたね・・一年ですね。
ぽんかんママさんの辛さ、よくわかりますよi-241一年目は特に辛いです・・。

> 去年の今頃は学校にいたんだ。
> 去年の今頃どんな思いで帰宅したのか。
> 去年の今頃どんな思いで1人で部屋にいたのか。

どうしても、そう考えてしまいますよね。
子どもたちは、そう考えられるのは切ないんですけど、
「去年の今頃」というフレーズが、身体中が憶えてる悲しみを甦らすのでしょうネ。

> 育児日記をつけていたんですね。

そうなんです^^
でも一か月ごとの記録ですが、詳しく細かく書いてあるんです^^
トモヤの仲間が、「トモヤのお母さん、すげー」て驚いていたそうです。
ここにちらっと(下のほうの写真)載せました^^
http://tomokuraimu.blog95.fc2.com/blog-entry-121.html

> 私は長男が病気がちだったもにで、
> 全くあの子はほったらかしでした。
> 寂しかったんだと思います。

そうですか・・・ぽんかんママさんもがんばってきたんですねi-265
寂しいという思いもあったと思いますが、子どもって親よりオトナなんですよね。
だいじょうぶですよ。
お子さんは、ぜんぶわかっていますi-189
早くに旅立つ子って、そうなんだと思いますi-80
2013-11-24 Sun 22:02 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[キャラメルさんへ]
キャラメルさん、こんばんは。

キャラメルさんも、同じ想いなんですね。
ほんとうに、何も知らない人に否定されたくないです・・。
みんなに自慢したい、いい子なんですよねi-184

> 本当に素晴らしい挨拶状ですね。
> トモヤ君のお人柄が偲ばれてご家族の愛もいっぱい感じられて・・・。

そうなんですよ、びっくりしました。
会葬のしおり(?)なんですけど、質問に簡単に答えただけで、
こんなふうに作ってくれるんですねi-241
すごく愛しさが伝わってきますね・・。

> 家族や大勢の人たちにどんなに愛されていたか。
> そして自分の人生を真面目に一生懸命に生きた姿を。
> それを生きた証として伝えるのが、子を先に送ってしまった親の生かされている意味なのかもしれないですね。

きっと、そうですね。
子どもを先に旅立たせたことにも、きっと役割があるはず。
だったら、今は、なんとかして子どものことを伝えていこうって思いました^^
キャラメルさんのブログでも、それを感じていますi-189

> ゴンちゃんもう可愛すぎる!

ありがとうございます^^
かわいくって、もう、どうしようもないんですi-229
2013-11-24 Sun 23:38 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[]
お返事有難うございます!

私は育児日記つけていなかったので、
羨ましいです。
宝物ですね。
お仕事もされて忙しい中、
どれ程可愛がっていらっしゃたのか。
ともやさん、幸せですね。
子供に愛情いっぱいで、お料理も上手で。

〉そうでしたね・・一年ですね。
〉ぽんかんママさんの辛さ、よくわかりますよ一年目は特に辛いです・・。

わかって下さって有難うございます。

〉お子さんは、ぜんぶわかっています
〉早くに旅立つ子って、そうなんだと思います 。

わかってくれていますよね(涙)
どれだけ愛しているか。
有難うございます、そう信じていきます。
2013-11-25 Mon 01:43 | URL | ぽんかんママ #-[内容変更]
[ぽんかんママさんへ]
ぽんかんママさん^^

育児日記って、書こう書こうと思っているうちに、
あっという間に成長したうんですよね^^

>ともやさん、幸せですね。

ありがとうございます。
そうだといいな・・。
実は、トモヤも3歳半で二人の弟ができてしまって、
いっぱい我慢したんです。
保育所の先生に「今度は抱っこして愛情をかけてから連れてきてください」
なんて、怒られたこともあるくらいi-241

> わかってくれていますよね(涙)
> どれだけ愛しているか。
> 有難うございます、そう信じていきます。

ほんとに。
今は、お母さんの心が透けて見えるからなおさらi-266
肉体があるときだって、
深層意識はつながっているから、みんな伝わっているんですけどネi-194

向こうの心も、こっちでわかるように、
なんとかしてほしいですーi-241
2013-11-25 Mon 20:46 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[]
ねこさんのブログ読んで、長男の葬儀の時を思い出しました。
次男は長男の知り合いに電話したり、弔辞を読んでくれる友人と打ち合わせしていました。
「BGMに歌声流すから。」って、長女は長男の友人の所まで出掛けていきました。
家族それぞれが精一杯の思いで、長男の最後のセレモニーを成功させようと必死でした。

「あいつらしい式だったよな。」大勢の友達に見送られて、家族の納得のいく葬儀ができたことは本当に良かったと思っています(納骨の問題は別として)。

「俺、葬儀社に就活しようかな。家族の心が安らぐ手伝いが出来るのは素晴らしい仕事だよな」と、次男はちょっと本気で考えたようです。結局実現しませんでしたけどね。
2013-11-26 Tue 18:49 | URL | しいた #-[内容変更]
[しいたさんへ]
しいたさん、すごく心のこもったセレモニーをされたんですねi-265

> 次男は長男の知り合いに電話したり、弔辞を読んでくれる友人と打ち合わせしていました。
> 「BGMに歌声流すから。」って、長女は長男の友人の所まで出掛けていきました。
> 家族それぞれが精一杯の思いで、長男の最後のセレモニーを成功させようと必死でした。

そうなんですか・・・・最後だもんね・・。
ほんとうに精一杯、心をこめてやってあげたのですねi-241

「あいつらしい式だったよな。」
って、思ってもらえたなんて、大成功ですね。

> 「俺、葬儀社に就活しようかな。家族の心が安らぐ手伝いが出来るのは素晴らしい仕事だよな」

あぁ^^
すごい!次男さん、それくらい心を込めたんですね!
友達や、家族の想いをしっかり受け取って、
ものすごく安心して旅立てたんでしょう・・ねi-265i-265
涙でちゃった。
2013-11-26 Tue 22:24 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。