FC2ブログ
2010年8月27日。大切な大切な長男・トモヤが一人で天に旅立ちました。逢いたい想いは、悲しみと一緒に息子への愛として、一生大切にしていきます。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
みんな死を未来として生きているのに
2014-01-30 Thu 00:24
最近、よく考えます。

「人は、この世に生まれたその時から、死に向かっている」
ということ。

どんな人でも、必ず、
「死ぬことは決まっている」のに、
「ゴールである死」が「不幸」なんて、なんかおかしい気がするんです。


私たちは、「死」を「未来」として、生きています。

その未来を「不幸」と呼ぶのは、きっと間違っています。

でも実際、
亡くなった人とは、もう一緒の時間を共有できなくなって、
話もできないし、ハグすることも、物質的なことは全て遮断されます・・。

それは、ほんとうに悲しくて悲しくてしかたないです・・。


けれど、トモヤのことを何も知らない人に、
「お子さん、早くに亡くなってかわいそうに」とは言われたくないです。


どんなに幸福感を持って、一生懸命生きていても、
最後はみな「死ぬ」んです。

だから、死が不幸と呼ばれるのはぜったい違うんです。
死がかわいそうということは、やっぱり間違っているんです。




そうゆう、「真理」が、受け入れられるようになりたいデス

20歳で亡くなることも、
80歳で亡くなることも、
魂の永遠の時からみたら、大した差はないのかもしれません

そらと木


去年の今頃の本音「心の中は」を読むと、
トモヤと別れて2年以上たっても、こんなふうに感じている私。

まだ、日が浅い人が、私の言葉を「きれいごと」と呼ぶのも、
わかる気がしました。

でも、ブログは、トモヤのことを憶えておくためと、
私の記録なんです。

自分自身、受け入れ難いことも、
必死に「わかりたい」と思い、書いています。



いま、ゆっくりだけど、「悲しみ」を学びきって、
こんどは悲しい離別は体験しなくていいようになろうーって
思っています^^

悲しみは、この世で最大の魂の学びなんだろうなぁって思います。

必ずまた逢う子どもと、一緒に決めた学びなんだと思います

ゴンちゃん、三男にだっこ^^
くーんくーん泣くから抱っこだね
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 気づきと学び | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<なぜ・・は言いません | トモクライム 逢いたい | 大風水>>
この記事のコメント
[こんばんは。]
ねこうさぎさん、私も同じように思っていました。
私も娘を亡くしてから常に感じていたことです。
死だけはどんな人にも誰にも平等に訪れるのです。
どんなにお金持ちでも避けることはできないもの、それが死です。
また人の幸せを単純に長さでは計る事は出来ないですよね。
古来より「ご冥福をお祈りします」と言う言葉があるように死は不幸なことではなかったはずです。
彼方の世界に還って行っただけ、昔から人は無意識に彼方の世界での幸せを願っていたのにね。
不幸と呼ぶのは悲しいです。
2014-01-30 Thu 23:52 | URL | キャラメル #-[内容変更]
[]
ねこうさぎさん こんばんは

すごく共感しました。

>「人は、この世に生まれたその時から、死に向かっている」
>ということ。
>私たちは、「死」を「未来」として、生きています。

子供の頃、思っていました。
人は必ずいつかは『死ぬ』。こうしている今も、着々と『死』に近づいているんだよね。
必ず『死ぬ』のに、なんで生まれてくるのかな。
なんて考えてたものです。漠然と。


息子の葬儀のとき、菩提寺の住職がお話してくれたこと、今日のねこうさぎさんの言葉と重なりました・・・。
「・・・人の寿命には、長短があります。ですが、長ければ良い、短ければ悪い、長く生きたから幸せ、早く逝ったから不幸ということでは決してないのです。名を残したから良いというのではないのです。ただここに生きた。この世に生を受け、こうして精一杯生きた証それこそが大切なのです・・・。」
と、涙ながらに話してくださいました。救われました。
『長短』・・・ではないですよね。

>でも実際、
>亡くなった人とは、もう一緒の時間を共有できなくなって、
>話もできないし、ハグすることも、物質的なことは全て遮断されます・・。

・・・そうなんです。
それが、悲しくて切なくて・・・
まだまだ、物質的な見方しか出来ない私・・・

『焦らず、ゆっくり』
『学びは一生』でしたね・・・。
2014-01-31 Fri 00:46 | URL | うり #v8QjPvAY[内容変更]
[]
わかると言う事は簡単ではありませんね
学びのために整然と整理したはずなのにそれはあまりにも簡単に崩れてしまう
気を取り直してまた整理し始めた時に新しい学びや気づきがあったりするのでしょうか

ゆっくりと、焦らずに、学びは一生
、ですね

2014-01-31 Fri 16:39 | URL | ゴロゴロ #-[内容変更]
[キャラメルさんへ]
キャラメルさん、こんばんは。

私、心に思ったことがうまく表現できないのですが、
理解してくださってありがとうございます^^
キャラメルさんも、同じことを感じていて嬉しいです。

> 死だけはどんな人にも誰にも平等に訪れるのです。
> どんなにお金持ちでも避けることはできないもの、それが死です。
> また人の幸せを単純に長さでは計る事は出来ないですよね。

ほんとに、そうですよね・・。
生まれた時から死が決まってるのに、
「不幸がありました」ってみんな言うんですよね・・。
TVとかでアナウンスされると「不幸じゃないよー」って違和感ありますi-182

> 彼方の世界に還って行っただけ、昔から人は無意識に彼方の世界での幸せを願っていたのにね。
> 不幸と呼ぶのは悲しいです。

うん、そうですね!
見えない世界を信じて生きていた太古の先人は、
死を忌み嫌っていなかったんだと思います。
あの世との繋がりも、普通にあったのでしょう。
(イタコさんとか多かったみたいだし)
天に繋がるアンテナが、文明の発達とともに消滅したのですねi-241
生と死の原点を振り返る必要があるのかもしれませんねi-265
2014-02-01 Sat 00:39 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[うりさんへ]
うりさん、こんばんは。

共感してもらえてうれしいです^^
思ったことを言葉に表すことが、難しくて困りますi-201

> 子供の頃、思っていました。
> 人は必ずいつかは『死ぬ』。こうしている今も、着々と『死』に近づいているんだよね。
> 必ず『死ぬ』のに、なんで生まれてくるのかな。
> なんて考えてたものです。漠然と。

ほんと、私もです!
必ず死に辿り着くなら、「生きることの本当の意味は?」って思います。
だからいろんな宗教がでてくるのでしょうね。
私20歳くらいから、いろんな宗教の本や講演が好きで出かけていました。
若い子が、けっこう浮いていましたi-201

> 「・・・人の寿命には、長短があります。ですが、長ければ良い、短ければ悪い、長く生きたから幸せ、早く逝ったから不幸ということでは決してないのです。名を残したから良いというのではないのです。ただここに生きた。この世に生を受け、こうして精一杯生きた証それこそが大切なのです・・・。」

菩提寺のご住職、とてもいいお話をしてくださったんですね・・。
精一杯生きた証それこそが大切、ほんとうにそう思います。
だから私たち母親は、「子どもが幸せに生きた」ことを喜んであげたいですねi-80

逢いたくて泣いてしまうけど、ときには微笑みもネi-189
2014-02-01 Sat 01:01 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[ゴロゴロさんへ]
ゴロゴロさん、こんばんは。
そちらは雪はだいじょうぶですかi-4

> わかると言う事は簡単ではありませんね
> 学びのために整然と整理したはずなのにそれはあまりにも簡単に崩れてしまう

ほんとに、そうですよねー。
進んだり戻ったり、毎日違っています・・。
大空さんが真理のことを、
「単純な事実が理解されることがいかに難しいか、
理屈のレベルでなく、魂でわかることが大切で、言うは易し、行うは難し」
とおっしゃっています。

私の一年前のブログ記事、読みましたかi-201
「きれいごとは聞きたくない」なんて言ってましたi-201
あ、でもこれは、「スピ系のわかったようなおばさん」たちが
自分たちは何も失っていないのに、お茶のみ話で笑って言うからなんですけどねー。

ゆっくり、一生かけて学びましょうネi-80
2014-02-01 Sat 01:15 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[]
ねこうさぎさん、こんばんは。

そうだよね~、何故不幸と言う様になったのかしら?と考えています。
もしかしたら、これは死に逝く者をさしているのではなく、残された遺族の悲しんだり苦しんだりする心境を幸せではない、不幸と言ってるのかもしれませんね。同じように、何故逆縁を親不孝と言うのか、親が手の届かない世界へ旅立つ子を案じ不安を覚え苦しみを覚えるから、その親の心境を不孝と言われるのかな?

では、出合わなければ良かったと思うのか?、悲しみは消えうせる事は無いけれど形を変えるし、ねこうさぎさんの仰る通り共に過ごした時間の幸福感の方が大きいですよね。
そしてそれに気づいた時、不幸でも無く不孝でも亡くなるのかもしれませんね。

間違った宗教の教えや死生観から、何時の日からか私たちは長生きを良しとし、80過ぎたら大往生、輪廻解脱出来るなんて教えもあったりする。
一時代前までは、片親だと就職や結婚にも支障をきたす事があったり・・・考えてみればなんと馬鹿らしく愚かな事。

東大病院の矢作先生も、死は必ず訪れ、人それぞれ天命があり、その時が来ればそれは避ける事が出来ないのに、その事を患者も医師も忘れていると仰っていますね。
言ってみればあちらが故郷でこちらは出張先の様な物、そして今一時異なる次元にあってもいつか必ずまた逢える。こちらでの誕生は、あちらからはしばしの別れであり、こちらでの死はあちらでは嬉しい帰還なのですよね。
全ての生きとし生けるものは神の摂理、宇宙の摂理の中にある事、生きた時間の長さではなく、どの様な日々を過ごしたかが大切なのですよね。


ゴンちゃん、甘え放題ですね~
困り顔のコジちゃんの御隣にいた頃に比べると随分とお兄さんらしくなったのかな?どうもそのゴンちゃん女の子に見えちゃうの・・・何でかな?
素敵な週末をお過ごしくださいね!




2014-02-01 Sat 09:11 | URL | chika #-[内容変更]
[chikaさんへ]
chikaさん、こんにちは。

たしかに長生きを良しとする風潮は根強くありますね。
だから、短命の人は「前世で悪いことをしてきた」とか言われたりしてi-201
その人の生きてきた足跡をみてくださいよーって叫びたくなりますi-180

> 同じように、何故逆縁を親不孝と言うのか、親が手の届かない世界へ旅立つ子を案じ不安を覚え苦しみを覚えるから、その親の心境を不孝と言われるのかな?

そうなんですねi-201
シルバーバーチは、「死は遺されたものにとって不幸なのです」って言ってますからね。
(あ、違ったかな)

> そしてそれに気づいた時、不幸でも無く不孝でも亡くなるのかもしれませんね。

うん、そうなんでしょうねi-184
不幸でも不孝でもないけれど、寂しさは埋められません・・i-241
今世で、もっと一緒に7やりたかったことがいっぱいあって・・。
その虚しさは、どうしようもないですね・・。

> 東大病院の矢作先生も、死は必ず訪れ、人それぞれ天命があり、その時が来ればそれは避ける事が出来ないのに、その事を患者も医師も忘れていると仰っていますね。

それぞれの天命・・、必ず訪れる死・・。
そうゆう話題から避けないで、普通に語れる世の中ならいいな。
亡くなった人を憐れんで、その家族が身を隠すように生きる・・、
そんなの間違っていますよね・・・。

> 困り顔のコジちゃんの御隣にいた頃に比べると随分とお兄さんらしくなったのかな?どうもそのゴンちゃん女の子に見えちゃうの・・・何でかな?

女の子みたいですかー?かわいいからねi-80
(親ばかi-229
家族を守ろうと外敵(雷とか、郵便屋さんとか)を吠えまくっていますi-201
ちっちゃいのに、一生懸命なゴンちゃんがまた、かわいくって^^
chikaさんも、寒さに気を付けてくださいねi-184
2014-02-02 Sun 01:25 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
[職場は如何?]
ねこうさぎさん、こんにちは

私もあの日以来常に人生のゴールについて考えています。どれだけ地位や名誉があっても、どれだけ財産を築いても、死というゴールに向かって歩いているのは万人平等ひとつの例外もなく。
それで最後のゴールが不幸だったりしたら、何だか人生虚しいですよね

まあ、死んでしまえば無だから今を精一杯生きるという考え方もありでしょうけど…

それにしても、長短で良し悪しが決まるものではない筈です。人に意地悪して、他人を苦しめ、他人の犠牲の上に長生きして大往生した人生が素晴らしいと思うのは当の本人と恩恵をいただいた数人だけだと思います。それも、この世的な判断において、の話ですね
その後の世界で、そういう人はどうなるのでしょうね

私達の子供達は短くても、精一杯生きた誰にも迷惑かけずに、立派な人生だと思います


私達も一日一日ゴールに向かってカウントダウンしてるんですから毎日を無駄に過ごさないようにしたいですね


ところで、ねこうさぎさん。例の非常勤さんが今月から出勤とのことですが…
その方も問題ですが、上司の対応もだと思います

気にするな~って言っても、無理なのは私も働く身なのでよく分かります

でも、そういう人は魂レベルで考えると、子供じみた魂の持ち主で修行不足だなぁと考えてやり過ごせたらと思いました。
年末のブログ閉鎖絡みの方もそうでしたが、そういうレベルの魂の持ち主には困らせられますが、これも私達の魂磨きの試練のひとつと思えれば、とここまで書いて、私の発言も綺麗事かも…と

ご不快に感じられたら謝ります

ただ、ねこうさぎさんが心配なもので、コメントさせていただきました
2014-02-03 Mon 14:40 | URL | みっちゃん #-[内容変更]
[みっちゃんさんへ]
みっちゃんさん、こんばんは。
不快になんて、ぜんっぜん!感じませんよー^^
心配してくださって、どうもありがとうございますi-80

職場の上司はですね、ことなかれ主義なんですi-201
人としての魅力は感じませんが、温厚な性格なんですよ。
私が、「もう、仕事これなくなりそうです」って言ったら、
その非常勤さんを、別の人に代えてくれましたi-229
非常勤さんも、なぜなのかわからないので、私としては
「職場ではよけいな話をしないで、真面目に仕事をしてください」って、
注意してくれればよかったんですがi-183

> 年末のブログ閉鎖絡みの方もそうでしたが、そういうレベルの魂の持ち主には困らせられますが、これも私達の魂磨きの試練のひとつと思えれば、とここまで書いて、私の発言も綺麗事かも…と

たしかに、苦難は魂を磨いてくれるような気がしますね^^
ブログ閉鎖がらみの人は、いろんなことを教えてくれました。
「天は見ている」「自分に嘘はつけない」なんて、
いまさらながら、気づけてよかったですよーi-184
彼女は天に還ってから気が付くタイプなのかもです^^

> 私もあの日以来常に人生のゴールについて考えています。どれだけ地位や名誉があっても、どれだけ財産を築いても、死というゴールに向かって歩いているのは万人平等ひとつの例外もなく。
> それで最後のゴールが不幸だったりしたら、何だか人生虚しいですよね

ほんと、ゴールをどうして「不幸」て呼ぶんですかねi-183
私は、最近亡くなった人のお通夜で、
「修行、お疲れ柾でした。懐かしい人たちのところへ還れてよかったんですね^^」
ってお祈りしてきますよi-184

> 私達の子供達は短くても、精一杯生きた誰にも迷惑かけずに、立派な人生だと思います

そうですよね!
みんなの記憶に残る「愛」「思い出」「やさしさ」は、物質には替えられない、
永遠の魂の財産ですi-80
幸せの記憶のまま、生まれたところに還っていったんですね・・i-241
たくさんのありがとうと一緒に。
2014-02-04 Tue 00:26 | URL | ねこうさぎ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| トモクライム 逢いたい |

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。